KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
気候テック15:鉄鋼の脱炭素を牽引するH2グリーン・スチール
H2 Green Steel
気候変動/エネルギー Insider Online限定
2023 Climate Tech Companies to Watch: H2 Green Steel and its steel made with renewable energy

気候テック15:鉄鋼の脱炭素を牽引するH2グリーン・スチール

鉄鋼を製造する工程では、大量の二酸化炭素を排出する。MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるH2グリーン・スチールは、再生可能エネルギーと水素を活用して、排出量を最大95%削減する新しい製鉄所を建設中だ。 by James Temple2023.10.16

2022年7月、H2グリーン・スチール(H2 Green Steel)は、世界初の商業規模のクリーンな製鉄所を着工した。世界で最も二酸化炭素排出量の多い産業部門の一つを改革する上で画期的な出来事となった。

同社によると、スウェーデンのボーデンに建設中の製鉄所では、2026年までに250万トンの鉄鋼を製造し、従来の製鉄所と比較して二酸化炭素排出量を最大で95%も削減する予定だという。製造量の半分は、BMWやメルセデス、穀物大手のカーギル(Cargill)などへの納入がすでに決まっているという。

鉄鋼は鉄鉱石から酸素を除去し、他の金属と炭素を加えることで製造できる合金であり、高層ビルや橋を支えるのに十分な強度と弾性を持つ。しかし、最も一般的な製鋼法は、大量の二酸化炭素を排出する。地球を温暖化させる二酸化炭素は、鉄から酸素を取り除くために使使用する石炭由来のコークス、製造工程中の他の化学反応、そして炉を加熱するために燃やす化石燃料から発生する。

これに対して、H2グリーン・スチールは、スウェーデン北部の豊富な水力発電と風力発電の資源を活用し、世界最大級の電解槽(水分子を分解してクリーンな水素を生成する装置)を稼働させる予定だ。水素は再生可能エネルギーを利用する製鉄所に流れ込み、加熱された鉄ペレットから酸素を取り除くコークスに代わる役割を果たし、副産物として二酸化炭素の代わりに水を生成する。そこからさらに、炭素と合金を加えて鉄鋼を強化・精製し、ガスを除去するいくつかの電化工程を経る。

H2グリーン・スチールは当面、溶融金属に炭素を添加する工程で天然ガスに依存することになるため、このプロセスでも若干の二酸化炭素は排出される。

同社は、プロジェクトのために35億ユーロ(37億ドル)以上の資金を借り入れで確保し、自社株との引き換えで18億ユーロ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る