KADOKAWA Technology Review
×
A Fight Over Tractors in America’s Heartland Comes Down to Software

闇市場を生み出した農業機械のソフトウェアライセンス

農業機械用ソフトの闇市場を生んだのは、プラットフォーム指向の許諾契約のせいかもしれない。「修理する権利」を守るため、メーカーとの契約を無効化する法律が米国各州で審議中だ。 by Michael Reilly2017.03.24

世界最大の農業機械メーカー、ディア・アンド・カンパニー(ブランド名「ジョンディア」)のトラクターを購入するとき、農家は信頼できる機械が手に入ったと思う。しかし、何かが故障して修理が必要になると、農家は農業機械のライセンス契約により、自分たちでは修理できないという不快な事実に気付く。闇市場にはハッキングされたソフトウェアが販売されているが、少なくとも、ジョンディアのライセンス契約には違反する可能性がある。

この種のどうにもしようがない事例がニュースサイト「マザーボード」の最近の記事で紹介されている。記事では、複数の農家がブランドのあるトラクター・メーカーについて不満を述べている。

2015年に改正されるまで、米国の著作権制度では、メーカー以外の者が機械を稼動させるソフトウェアに手を加えるのは違法だった。2015年に不満を持つ農夫とその友人が法的援助を募り、米国著作権局に例外を設けるよう申し立てた。申し立ては認められ、上位の法律であるデジタルミレニアム著作権法(DMCA)には痛手になった。 DMCAはもともと、音楽や映画の著作権侵害を阻止することが目的だったが、ソフトウェアを搭載した多種多様な機器を販売する多くの企業がこの法律を利用してきたことはほぼ間違いない。

例外扱いにはなったが、ジョンディアはいまだに、顧客によるトラクターの修理に厳しい制約を設け、ジョンディアが関わらない形でのあらゆる修理や改造を禁止するライセンス契約に署名するよう、顧客に強制していると苦言を呈する農家もいる。

こうした事情があって、農家や独立系の修理店が必要なソフトウェアを購入できる闇市場が生まれた。以下は、この状況について述べているマザーボードの記事からの引用だ。

「ちょっと探せば手に入れられるソフトウェアが出回っています」と、クラックされた(コピープロテクトを外された)ジョンディアのソフトウェアを使っているネブラスカ州の農業兼修理工はいう。「私は、手広くビジネスをしているわけではありませんが、たとえばこんな具合です。トラクターを持っている人がいて、そのトラクターに不具合が生じる。最寄の販売店は約64km先。修理工の私がここにいて、部品屋は約2km先にある。ところが、不具合を直す唯一の方法は違法なのです。それこそが、何よりも自由企業を妨げていることであり、農家が自分たちで修理する能力を妨害しているのです」

こうした事情から、「修理する権利」運動が盛り上がった。言葉通り、まさしく運動が起きたのだ。悪徳ビジネスの手法だと腹を立てる活動家は現在、ジョンディアのライセンスを無効にする法律を求めており、法案は、米国の8つの州(ネブラスカ州含む)で検討されている。

こうした混乱を生み出した連邦法は、現在トラクターには適用されていない。だが、いまだにさまざまな電子機器を顧客自身で修理したい人にとっては悩みの種のままだ。制度を変えるのは困難な仕事になるだろう。

(関連記事:Motherboard, “How Copyright Law Stifles Your Right to Tinker with Tech”)

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
タグ
クレジット Photograph by Justin Sullivan | Getty
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る