1. コネクティビティ
    スペースX、前澤社長が乗る(予定の)新型ロケット・エンジンを披露
    スペースXのイーロン・マスクCEOが、「根本から再設計された」ラプターロケットエンジンの初実験の様子を収めた一連の動画を公開した。ラプターエンジンは、同社のスターシップ・ロケットに搭載され、月や火星へのミッションに使用される予定だ。 Erin Winick2年前
  2. コネクティビティ
    12月2日に打ち上げられたスペースXのロケットは、過去最大の「相乗り」ミッションだった。宇宙への夢を抱く個人から美術館のような組織まで、彼らが宇宙に持ち込んだモノは実にさまざまだ。 Erin Winick2年前
  3. 知性を宿す機械
    民間企業を対象にした優勝賞金2000万ドルの月面探査コンテストは、再三の期限延期にもかかわらず、誰も目標を達成できないまま幕を閉じた。しかし、同コンテストをきっかけに、アイスペースをはじめとする宇宙関連スタートアップに関心や資金が集まっており、本当の成果はこれから現れるはずだ。 Erin Winick3年前
  4. 知性を宿す機械
    毎週のロケット打ち上げを可能にするスペースXの新技術とは
    スペースXが米国空軍と共同開発した自律型ロケット追跡技術は、ロケット打ち上げのコストを劇的に削減し、打ち上げ準備期間を大幅に短縮できる可能性がある。同技術を使ったロケット3機の打ち上げが2017年11月に予定されている。 Mike Orcutt3年前
  5. ビジネス・インパクト
    スペースXが連続打ち上げに成功 「再利用型」でロケットスタート
    スペースXは2017年6月23日、2度目のロケット再利用に成功した。「ある航空会社が何回も飛べる航空機を販売しているのに、他社はどこも1度しか飛べない航空機を販売しているとしたらどうでしょう」。イーロン・マスクCEOは自信満々だ。 Jamie Condliffe4年前
  6. ビジネス・インパクト
    「商用宇宙旅行」時代の再利用型ロケット開発競争
    軍事と研究用途で始まった宇宙開発は、スペースXの再利用型ロケットの打ち上げ・回収成功で「商用宇宙旅行」時代を迎えた。ただし、スペースXの成功は1回だけ。独自の方法を目指す競合他社もあり、実際には再利用型ロケットの開発競争が始まったばかりの段階だ。 Jamie Condliffe4年前
  7. ビジネス・インパクト
    スペースX、次は24時間以内のロケット再発射に挑戦
    スペースXが次に目指すのは、24時間以内のロケット再発射だ。ペイロード(積載物)の重量や衛星を投入する軌道にもよるが、ロケット本体は打ち上げコストの3割を占めるるため、再利用型ロケットにより、商用ロケット市場に大きな変化が起きる可能性がある。 Jamie Condliffe4年前
  8. ビジネス・インパクト
    ベゾス、マスク、ブランソンが宇宙ビジネスを手掛ける理由
    ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、リチャード・ブランソンの3人は、先週相次いで各自の宇宙企業について発表した。各社の事業内容は異なるが、共通点がひとつある。成功すればばく大な富を生み出せるのだ。 Jamie Condliffe4年前
  9. ビジネス・インパクト
    スペースXの月旅行は火星植民事業の資金源
    スペースXが発表した2018年中の最初の月旅行は、火星植民の資金源として、イーロン・マスクが何としても実現させたい事業だ。ただし、スペースXは予定どおりに事を進めるのが得意な会社ではない。 Jamie Condliffe4年前
  10. ビジネス・インパクト
    再利用可能ロケット、免疫工学、テスラのオートパイロットなど、昨年選んだ新しいアイデアは、どこまで世界を変えただろうか? Tom Simonite4年前
  11. ビジネス・インパクト
    スペースXの打ち上げ再開に暗雲
    イーロン・マスクの火星行き計画に影響も
    9月の大爆発以来、スペースXは打ち上げ再開の目処が立たず、ヨーロッパのライバルに案件をひとつ持って行かれた。 Jamie Condliffe4年前
  12. コネクティビティ
    800機の人工衛星で全米にインターネットアクセス
    世界中に無線ブロードバンドを普及させるのに、4000機以上の人工衛星を使うアイデアは、他の手法に比べて高額すぎるが、実現するかもしれない。 Jamie Condliffe4年前
  13. ビジネス・インパクト
    イーロン・マスク主演「ハウス・オブ・カード」シーズン2
    テスラ、ソーラーシティ、スペースXの創業者は、テクノロジーへの深い洞察力により称賛を受けている。だがイーロン・マスクの最新の事業計画は無謀なのか? Peter Burrows4年前
  14. ビジネス・インパクト
    ボーイング対スペースX
    21世紀の火星開発競争
    航空宇宙業界の巨大企業が、火星への最初の有人ミッションでイーロン・マスクを打ち負かそうとしている。 Jamie Condliffe4年前
  15. ビジネス・インパクト
    火星移住:イーロン・マスクが「すごいけいかく」を発表
    スペースXのイーロン・マスク創業者兼CEOが、人類を火星へ送る壮大な計画をぶち上げた。だが、計画には多くの不明点がある。 Michael Reilly4年前
  16. ビジネス・インパクト
    宇宙飛行より地球で農業
    地上で稼ぐ宇宙ベンチャー
    イーロン・マスクやジェフ・ベゾス、リチャード・ブランソン以外の小規模投資家が地球外ベンチャーを支援し始めた Mark Harris5年前