KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
FBI、ロシア人大物ハッカーを逮捕、大規模ボットネットを停止
The FBI Shut Down a Huge Botnet, But There Are Plenty More Left to Go

FBI、ロシア人大物ハッカーを逮捕、大規模ボットネットを停止

FBIが大規模ボットネット「ケリホス (Kelihos)」の運営者と思われるロシア人大物ハッカーを逮捕した。ケリホスは一時10万台のマルウェアに感染したコンピューターのネットワークだったが、すでに数百万台規模のボットネットも他に稼働中だ。 by Jamie Condliffe2017.04.12

大規模ボットネットがついに追い込まれた。だが、多くのボットネットがまだ残っている。

先週金曜日、FBIの要請を受けたスペイン警察が、休暇で家族とバルセロナを訪問していたロシア人ハッカー、ピーター・レバショフを逮捕した。逮捕の理由は、レバショフがボットネット「ケリホス (Kelihos)」を制御する有名なサイバー犯罪者ピーター・セベラだと考えられているからだ。現在、米国司法省の発表によると、FBIはレバショフの逮捕に合わせて、その最悪の創作物であるボットネットの解体に着手した。

レバショフはコンピューター(一時は10万台にも達した)軍団を兵器化し、2010年から運用していた。米国司法省によると、レバショフが開発したマルウェアは、ユーザー名とパスワードを得るためにウインドウズが動作するコンピューターを監視するだけでなく、指示を出すコンピューター宛てのネットワーク・トラフィックを傍受していた。レバショフのマルウェアの機能と、感染されたコンピューターによって、スパムメールの送信やランサムウェア(データ等を人質に金銭を要求するソフト)攻撃の実行用プラットフォームが誕生し、他のサイバー犯罪者に貸し出されることもあった。ニューヨーク・タイムズ紙の記事は、レバショフがロシア政 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント