KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
A Top Poker-Playing Algorithm Is Cleaning Up in China

ポーカーで磨かれる中国のAI技術

飛躍的に水準が高まっているとされる中国のAI技術で、ポーカー用のアルゴリズムが人気だ。不完全情報ゲームであるポーカーをプレイできれば、交渉や株取引も応用できる。 by Will Knight2017.04.13

世界でもっとも進化したポーカー・ボットが、先週末、中国南部にある海南省で開かれたトーナメントで参加者をことごとく打ち負かした。

このボットの前のバージョンは、今年1月、ピッツバーグのカジノで数週間にわたって開かれたトーナメントで、トップレベルのプロ・プレイヤーを何人も破っていた。ボットの名は「リブレイタス」。開発したのは機械学習とゲーム理論を専門とするカーネギーメロン大学のテュオマス・サンドホルム教授と、その教え子 ノーム・ブラウンだ。

この功績が注目に値するのは、ポーカーがこれまでAI研究者が取り組んできたタイプのゲームと本質的に異なっているからだ。対戦相手のカードが見えないので、上手くプレイするには非常に複雑な戦略を構築する必要がある(「人工知能がポーカーのハッタリ勝負で人間に勝利する意味とは?」参照)。

「冷撲大師(冷たいポーカー名人)」と名付けられたCMUの新型改良版ボットは、海南省のイベントでAI研究者のチームに勝利した。参加者はプログラムに対して3万6000手のゲームをプレイした(プログラムはピッツバーグのCMUの近くに設置されたスーパーコンピューター上で動作していた)。

イベントを企画したのは、インキュベーター・ベンチャーファームのシノベーション・ベンチャーズだ。シノベーション・ベンチャーズの李開復(リー・カイフー)最高経営責任者(CEO)は、 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント