KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
フェイスブック、エロ動画に最適なVRカメラを発表
Facebook’s Live-Action Camera Systems Let You Take Steps in Virtual Places

フェイスブック、エロ動画に最適なVRカメラを発表

フェイスブックが発表した新型VRカメラは、360度の映像を奥行き情報付きで記録できるので、イベントや観光の実質現実体験の撮影に最適だ。もちろん、エロ動画にも適している。 by Rachel Metz2017.04.21

現時点の実質現実(VR)映像には問題がある。

現実世界の風景を360度画像として撮影するカメラは、すでに多く市販されている。360度画像は撮影後にVR映像として楽しめる(「2017年版ブレークスルー・テクノロジー10:360度自撮り」参照)が、この種のカメラのほとんどは奥行き情報を記録しない。したがって高性能VRゴーグル(オキュラス・リフトなど)を装着し、たとえばエッフェル塔の360度映像を見ているとき、しゃがんだり、ジャンプしたり、左右に動いたりすると、エッフェル塔の映像は(コンピューターが生成したというよりは)その人に合わせて動いてしまう。イライラするならまだマシで、最悪の場合は吐き気を催すことになる。

フェイスブックは、2014年にゴーグル・メーカーのオキュラスVRを買収して以来、実質現実を支える最大級の勢力だ。19日に発表した2機種の新型360度カメラシステムで、フェイスブックは「奥行き問題」を解決しようとしている。2機種とも360度映像をライブアクション撮影し、視聴者は実質現実空間内を1.5m程動き回れる。フェイスブックはカメラシステムを年末までに販売する予定だ。

新発表の「X24」と「X6」(数字は内蔵されるカメラの数を表す)によって、バーチャル空間でコンサートを鑑賞したり、有名な建造物を訪問したり、美術館や博物館を巡ったりする体験は、ひとりでも他の人と一緒でも、今まで以上の没入感が得られるだろう。しかし、360度映像のメリットを実際に生かすには、視聴者の空間上の位置や頭の回転位置を追跡するゴーグルが必要だ。

フェイスブックのマイク・シュレーファー最高技術責任者(CTO)は「全体的に、弊社はVRでユーザー …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント