KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
2017年版
ブレークスルー・テクノロジー10
360度自撮り
10 Breakthrough Technologies 2017: The 360-Degree Selfie

360度自撮り

360度カメラが全世界の出荷台数でカメラ全体に占める割合は、昨年の1%から今年は4%に伸びそうだ。研究や娯楽、報道にまで活用されそうで、360度映像に視聴者が慣れれば、VR産業の立ち上がりにもつながる。 実現時期: 実現済み by Elizabeth Woyke2017.02.23

コーエン・ハフケンスは四季の移り変わりによる植物の変化に関心がある。そのため、昨秋、ハーバード大学の環境研究者であるハフケンスはVirtualForest.ioというWebサイトにマサチューセッツの森から画像を継続的に放送するシステムを作り出した。ハフケンスはシステムに360度の画像を撮影できるカメラを使っているため、このWebサイトの訪問者は、単にフィードを見る以上の体験ができる。(パソコンなら)マウス・カーソル、(スマートフォンやタブレットなら)指でイメージをぐるりと回転させたり、森の樹々を見上げたり、地面を見下ろしたりできるのだ。また、もし実質現実(VR)ゴーグルを装着して、こうした画像を眺めれば、首を回すことで写真が回転し、あたかも自身が森の中にいるような錯覚感がさらに高まるだろう。

「VirtualForest.io」により、ニュー・イングランドで気候変動がどのように木々の葉の発育に影響を与えるかを記録できる、とハフケンス研究員はいう。総費用? 撮影用の350ドルのリコーTheta Sカメラを含めて約550ドルだ。

今では誰もがそれなりの360度カメラを500ドル以下で購入し、数分以内に映像を撮影し、フェイスブックやYouTubeに動画をアップロードできる。ほとんどのアマチュア360度コンテンツはぼやけた感じで、水平方向では360度捉えていても、垂直方向では捉え切れていない場合がある。しかもアマチュアが撮影したコンテンツのほとんどはつまらない(たとえ天球的視野であっても、他人の休暇の光景を見るのは、標準モードで撮影された動画と同様、退屈だ)。しかしユーザーが撮影した360度写真や映像にも、秀逸な作品(たとえばバーチャルの森)があり、ある場所や出来事に対する視聴者の経験をより深めてくれる。

https://www.youtube.com/watch?v=x9T5K1D6nkc

私たちは視覚情報や音に囲まれ、世界を360度の空間として経験する。つい最近まで、このようなコンテクストを捉える写真や映像を撮影する方法は主にふたつあった。リグ(台座)で複数のカメラを捉える空間がやや重なるように、異なる角度で固定するか、最低1万ドルかけて特殊カメラを買うかのどちらかだ。実際の撮影工程も面倒で、通常は完成までに数日かかった。まずシーンごとに画像を撮影し、コンピューターに送る。高価で操作が複雑なソフトウェアと格闘し、画像をスムーズで切れ目の無い写真として繋ぎ合わせる。その後、ファイルを視聴者が簡単に見られる形式に変換する。

ニューヨーク・タイムズ紙やロイター通信のジャーナリストは、350ドルのサムスン ギア360(Samsung Gear 360)を使って、ハイチのハリケーン災害からガザの難民キャンプまで、あらゆる出来事を記録する天球型写真や映像を制作している。軍事組織ボコ・ハラムから逃げるナイジェリアの人々を捉えたニューヨーク・タイムズ紙の映像を観る者は、救援組織から食料を受け取る人ごみの真っ直中に放り出されることになる。このシーンはひとりの男がピックアップ・トラックから荷物の詰まった袋を放り投げ、それが地面にどさっと音を立てて落ちるところから …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント