KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Apple Finally Admits It Is Pursuing Technology for Self-Driving Cars

アップル、自動運転技術の開発をついに認める

アップルは「自律運転システムに焦点を当てている」とティム・クックCEOは明言。しかし具体的な製品の姿は見えてこない。 by Jamie Condliffe2017.06.14

Apple CEO Tim Cook
アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)

アップルがこの数年、自動車業界を嗅ぎ回っていたことはよく知られている。そしてついに、ティム・クックCEO(最高経営責任者)が沈黙を破った。

ブルームバーグのインタビューで、クックCEOは自動車産業における「変化を表す3つのベクトル」として自律自動車、電気自動車、配車サービスを挙げ、この3つが組み合わさることで自動車産業に「大混乱」が生じるだろう、述べた(なかなか鋭いじゃないか、ティム!)。

しかし、クックCEOは、アップルは乗用車の「自律運転システム」に的を絞っている、と続けた。 「アップルが非常に重要とみなしている、核となるテクノロジーが自律運転システムなのです。私たちはあらゆるAI関連プロジェクトの母体のようなものとみなしており、実際、最も難しいAIプロジェクトの1つです」。

アップルはこれまで機械学習の開発競争にやや後れをとっていると思われてきた。アップルはシリ(Siri)の開発による初期の成功を生かすことができず、のちに発表したAI搭載製品のほとんどはグーグルやフェイスブックの製品に打ち勝てていない。しかし最近、アップルにとって初となるAI担当役員にカーネギーメロン大学のルスラン・サラクトゥディノフ准教授が就任したことで、この状況が変わる可能性はある。

自動車分野における自律運転システムの開発へ向けたアップルの取り組みについて、クックCEOは意図的に曖昧な表現で語っているようだ。クックCEOは開発中のテクノロジーは自動運転自動車に関するものかもしれないとする一方、そこには「他のもの」も含まれている、と謎めいた言葉も口にし、詳細は語らなかった(なんと気になることを言ってくれるのだろう)。とはいえ、アップルが自律運転のためのセンサーとAIソフトウェアの開発に取り組んでいるのは明らかだ。しかし、そんなものは、私たちは、すでに路上で目にしている

面白いことに、クックCEOはアップルによるこの秘密の事業の結果、どのようなものが生み出されるのか明言しなかった。「これから取り組む事業について、私たちは製品の観点からは語りません」。

ブルームバーグのインタビュー全体が、クックCEOがつい先週MIT テクノロジーレビューに向けて話した内容と矛盾しているのはこのためだ。MITテクノロジーレビューのインタビューで、 クックCEOは実際の製品ではなく「未来」を売り物にする他のテック企業に対する軽蔑を露わにした。「私たちは2019年、20年、21年の予定についてまで語りはしません」と彼は話した。「計画が立ってないからではなく、語りたくないからです」、と。

しかし、自律自動車については明らかにその限りではないようだ。

(関連記事:Bloomberg, “ティム・クックCEO独占インタビュー「アップルはすでにAIを活用している」” ,“Appearances Suggest That Apple’s Autonomous-Car Endeavor Is Lacking,” “How Might Apple Manufacture a Car?”)

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
タグ
クレジット Photograph by Justin Sullivan | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る