KADOKAWA Technology Review
×
Another Price Slash Suggests the Oculus Rift Is Dead in the Water

オキュラスがまた値下げ、VRはビジネスになるか

オキュラス・リフト(Oculus Rift)が期間限定でまた値下げされた。プレイステーションVRよりも安くなったものの、これで売れるようになるのだろうか。 by Jamie Condliffe2017.07.12

マーク・ザッカーバーグは実質現実(VR)に以前は並々ならぬ熱意を示していたが、フェイスブックがVRを押し売りする状態はいっこうに解消しない。VRは一般大衆の想像力をつかむことに失敗しているという兆候が現れた今、フェイスブックはオキュラス・リフト(Oculus Rift)のハードウェアの今年2度目となる値下げに踏み切った。

2017年7月10日から6週間限定で、オキュラス・リフトのヘッドセットとコントローラーのセットがたった399ドルになる。発売当初より400ドル安く、3月の初回値下げの価格より200ドル安い。これで、オキュラス・リフトのパッケージ価格はライバルの最安値よりも安いことになる。ソニーのプレイステーションVRはヘッドセットとコントローラーを合わせて現在460ドルだ。

それでも、この価格ならオキュラス・リフトが売れるかどうかは依然として不明だ。1年前、MITテクノロジープレビューのレイチェル・メッツが予測していたのは、オキュラス・リフトがプレイステーションVRに対して苦戦を強いられるということだった。オキュラス・リフトには強力で高価なゲーム用コンピューターが必要なのに対し、プレイステーションVRならわずか350ドルのプレイステーション4本体があれば済むからだ。

オキュラスVRのコンテンツ担当副社長ジェイソン・ルビンがロイター通信に語ったのは、値下げは製品の売れ行きが良くないからではなく、多くのゲームが流通するようになった今、量販市場での訴求力を高めるために決断したとのことだった。だが、この発言を信じてはいけない。オキュラスに続発する悪いニュースがまた1つ増えただけだ。オキュラスVRは、作ったばかりの映画スタジオを閉鎖し、ハードウェアの店頭デモを打ち切り、この6カ月の手痛い知的財産訴訟の補償の一環として2億5千万ドルをしぶしぶ支払った。

もちろん、VRを普及させるのは簡単ではない。2014年にフェイスブックがオキュラスを20億ドルで買収してから3年が経ったが、VRが量販市場に届くにはおそらく10年以上はかかるとザッカーバーグCEOは認めている。だが、もし価格を下げ続けなければならないのなら、VRで商売するのはザッカーバーグCEOが思い描いたよりも困難なように見える。

(関連記事:Fortune, Reuters, “絶好調プレイステーションVRと不調のオキュラスは何が違う?,” “What Zuckerberg Sees in Oculus Rift,” “Why Oculus and HTC Need to Watch Out for Sony in VR”)

人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
タグ
クレジット Photograph by Christian Petersen | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  2. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  3. The second-largest radio telescope in the world is shutting down 世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る