1. 生命の再定義
    グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
    アルファベット(グーグル)の医療系子会社ベリリはカリフォルニア州で、バクテリアの一種であるボルバキアで不妊化した蚊2000万匹の放出を始めた。ジカ・ウイルスやデング熱を媒介する蚊の個体群を減らすのが狙いで、同種の野外実験として米国史上最大規模となる見通しだ。 Emily Mullin4年前
  2. 生命の再定義
    米政府、ジカ熱対策にDNAワクチンの大規模試験へ
    ウイルスのDNAをワクチンとして接種するDNAワクチンについて、米政府はジカ熱対策として大規模試験を実施することになった。マラリアやピーナッツアレルギー、一部のがんに効果のあるDNAワクチンも開発中だ。 Emily Mullin4年前
  3. 生命の再定義
    ジカ熱根絶で、WHOと民間企業には手法の違いがある
    科学者はジカ熱を根絶する新手法を模索しているが、WHOは、自身の方法でジカ熱を長期的に根絶させようとしている。 Jamie Condliffe5年前
  4. 生命の再定義
    非営利団体と企業は、デング熱とジカ熱との戦いのレースをしているのだ。 Antonio Regalado5年前