1. 知性を宿す機械
    グーグルのゲノム解析AIツールで遺伝子治療は変わるか?
    ハーバード大学やグーグルの研究者たちで構成するチームが、人工知能(AI)の深層学習の手法を使って、ゲノムをより正確に解析できるツールを昨年12月に開発した。こうしたツールを利用して疾患の遺伝的原因の究明が進めば、個人のゲノム情報に基づいてより的確な治療を施せるようになる可能性がある。 Will Knight3年前
  2. 生命の再定義
    グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
    アルファベット(グーグル)の医療系子会社ベリリはカリフォルニア州で、バクテリアの一種であるボルバキアで不妊化した蚊2000万匹の放出を始めた。ジカ・ウイルスやデング熱を媒介する蚊の個体群を減らすのが狙いで、同種の野外実験として米国史上最大規模となる見通しだ。 Emily Mullin4年前
  3. コネクティビティ
    アップル・ウォッチ、機械学習で医療機器に?
    医療機器ではないアップル・ウォッチでも、機械学習によって心房細動を検知できるという研究結果が公表された。被験者はまだ少なく、計測中はじっとしていなければならないなど、克服すべき課題は少なくない。 Michael Reilly4年前
  4. ビジネス・インパクト
    グーグルの医療研究子会社ベリリが、1万人を対象に今後4年間で想定1億ドルの予算をかけた大規模な医療研究プロジェクトを立ち上げた。ゲノムはもちろん、唾や涙、排せつ物まで詳細に調べて、病気の予測因子を探る。 Antonio Regalado4年前
  5. コネクティビティ
    「医師の助言」はウェアラブル・デバイスで事業化できるか?
    米国政府が資金を提供したMD2Kプロジェクトで生まれたテクノロジーによって、消費者向け製品がリアルタイムで健康情報を提供できるようになる。 Elizabeth Woyke5年前
  6. 生命の再定義
    非営利団体と企業は、デング熱とジカ熱との戦いのレースをしているのだ。 Antonio Regalado5年前
  7. 生命の再定義
    グーグル関連企業 ジカウイルス撲滅に蚊を量産
    グーグルは、ジカウイルスの拡散防止のため、どのように蚊を育てているのか。 Antonio Regalado5年前
  8. コネクティビティ
    アルファベットのヘルスウォッチを見た
    アルファベット(グーグル)のヘルスケア系スピンオフ事業ベリリが開発中のヘルスウォッチのメディア初登場記事。 Antonio Regalado5年前
  9. 生命の再定義
    神経信号のハッキングで
    慢性疾患を治療できる?
    小型の体内埋め込み型装置で脳から送られる信号をブロックしたり修正したりすることで、慢性疾患を治療できるかもしれない。 Jamie Condliffe5年前