1. 生命の再定義
    人工的な肺を3Dプリントすることで、移植用臓器の不足を解消を目指す企業がある。生体組織を3Dプリントすること自体は目新しいことではないが、肺ほどの大きさの組織を作製するにはいくつものブレークスルーが必要だ。同社は3Dプリントで作った土台に細胞を含侵させることで、生きた肺を作ろうとしている。 Antonio Regalado13日前
  2. ビジネス・インパクト
    3Dプリンターで製造された驚きの製品5つ
    3Dプリンターはニッチなプロトタイプの製造から本格的な大量生産へとめざましい進歩を遂げている。製造業の未来にヒントを与える5つの製品を紹介する。 Erin Winick5カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    世界を変え続ける
    イスラエル発のテクノロジー
    イスラエル発の数々のテクノロジーは、我々の知らないところで世界を変え続けてきた。現地で初の日本人スタートアップであるAniwoのCOO 植野氏が、イスラエル発イノベーションの過去と未来について語る。 植野 力13カ月前
  4. コネクティビティ
    思い通りの形に金属部材を生成できる3Dプリンターは、まだ存在しない。MITの4人の教授が関わるスタートアップ企業デスクトップ・メタルは、自社の装置で、金属部品を「プリント」する手頃で実用的な手段を近いうちに提示できると考えている。 David Rotman15カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    アディダス、3Dプリンター製シューズを年内発売へ
    アディダスは、3Dプリント企業カーボンとの協業で、ミッドソールを3Dプリンターで生成した靴を年内に市販しようとしている。初めは個人向けではありませんが、個人の足の形に合わせた特注品の製造も計画中だ。 Katherine Bourzac15カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    島精機製作所、3D編み物で繊維産業革命
    横編み機で世界首位の島精機製作所の「ホールガーメント(全服編み)」が注目されている。生地からではなく、衣服を3Dプリントするため、顧客ひとりひとりにカスタイムメイドできるだけでなく、オンデマンドで製造すれば、在庫リスクを最小化できるメリットもある。 Michael Reilly16カ月前
  7. コネクティビティ
    ホログラムでたった数秒!光造形3Dプリンタがまた進歩
    ホログラムで三次元画像を数秒間照射するだけで光造形できる3Dプリントのデモをスタートアップ企業ダクリが公開した。ヘッドマウント・ディスプレイにも応用できる可能性がある。 Jamie Condliffe17カ月前
  8. 生命の再定義
    人工透析患者を3Dプリンターで救う方法
    全人類の10人に1人の慢性腎疾患患者は移植に変わる工学技術を利用できる。 Mike Orcutt2年前
  9. ビジネス・インパクト
    巨大組織がイノベーティブであるため、GEは工場に研究所を作った
    巨大メーカーは、48年前に操業のタービン工場の隣に、研究開発施設を7300万ドル投じて新設した。目標はより優れたイノベーションの加速だ。 Nanette Byrnes2年前
  10. ビジネス・インパクト
    3Dプリンター製ギプス
    高価でも洗えるし痒くない
    3Dプリンター製ギプスで、装着時のかゆみや不快さがだいぶ軽減されるかもしれない。 Catherine Caruso2年前