KADOKAWA Technology Review
×
ブロードコムによるクアルコム買収を阻止した「CFIUS」とは何か?
Lynne Carty
コネクティビティ 無料会員限定
CFIUS: The powerful sheriff policing US tech’s megadeal

ブロードコムによるクアルコム買収を阻止した「CFIUS」とは何か?

米トランプ大統領は半導体大手クアルコムに対する買収を中止するようブロードコムに命じた。大統領に中止を勧告した対米外国投資委員会(CFIUS)とはどのような組織なのか、解説する。 by Martin Giles2018.03.13

CFIUSを「究極の規制バズーカ砲」とある金融アナリストは呼んだ。そして現在、米国テック業界史上最大の買収提案がその標的となっている。

対米外国投資委員会、すなわちCFIUS(SIF-ee-usと発音)は、シンガポールのブロードコムによる米国のチップ製造会社クアルコムへの1170億ドルの入札を調査している。吸収合併の結果が望ましくないと思われる場合は、取引はおそらく阻止されることになる(日本版注:3月12日、米トランプ大統領はCFIUSの勧告に基づき、ブロードコムに対して買収中止を命じた)。

CFIUSは、海外企業による米国企業の買収が、国家安全保障上の脅威となるかどうかを判断する組織で、業界に関わらず取引を徹底的に調査できる。だがここ数年はテック企業の取引が増大しており、とりわけ中国関係が目立っている。

CFIUSがどのように機能し、ブロードコムがなぜ取引の承認を得るのに困難をきたしているのかを探ってみた。

委員会の顔ぶれ

ワシントンDCの大物が大勢揃っている。CFIUSの委員長は米財務長官が務め、委員会には数々の政府機関のトップが含まれる。たとえば国防省、国土安全保障省、商務省、エネルギー省、さらに米国通商代表部、ホワイトハウスの科学技術政策室などだ。さらに委員会は情報機関や他の団体からの情報も受け取る。

CFIUSはどのくらい多忙なのか?

最近の話なら、それはもう非常に忙しい。CFIUSは2016年に172件を調査したが、これは201 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る