KADOKAWA Technology Review
×
1.5億件の情報漏えい、被害抑える「Bクリプト」とは何か?
ZDNet
コネクティビティ 無料会員限定
Smart cryptography may help limit the damage from the MyFitnessPal megabreach

1.5億件の情報漏えい、被害抑える「Bクリプト」とは何か?

アパレル大手のアンダーアーマーは3月下旬、同社が提供するアプリ「マイフィットネスパル」の1憶5000万件のアカウント情報をハッカーに盗まれる被害に遭った。しかし、同社はユーザーのパスワードを「Bクリプト」と呼ばれる手法で暗号化していたため、ユーザーの損害をある程度は抑えられるかもしれない。 by Martin Giles2018.05.01

アンダーアーマーにとってはまずい出来事だった。アパレル大手でありダイエット追跡アプリ「マイフィットネスパル(MyFitnessPal)」を提供する同社は、2018年3月下旬にサイバーセキュリティ史上最大規模のデータ漏えい事件の被害にあった。ユーザーネームやメール・アドレス、パスワードをはじめとする、およそ1億5000万件分のアカウント情報をハッカーに盗まれてしまったのだ。

しかしながらすべてのハッキング事件がどれも同等に悲惨なわけではない。今回の事件は他の何件かの膨大な漏えい事件に比べると、被害の度合いは少なくて済む可能性がある。それはアンダーアーマーが「Bクリプト(BCrypt)」と呼ばれるテクノロジーを用いて、盗まれたパスワードの多くを保護していたからだ。

なぜBクリプトが重要なのかを理解するには、暗号化による防御対策について少しばかりの背景知識が必要だ。パスワードを保護するための基本的なアプローチとして「ハッシュ」がある。これは、データベースに格納するパスワードをランダムな文字列に変換する手法だ。あるユーザーがプレーンテキストのパスワードを入力してログインすると、ハッシュ関数を用いてパスワードをハッシュ値と呼ぶ文字列に変換する。そしてこの文字列を、データベースにあらかじめ格納してあるそのユーザーのパスワードのハッシュ値と照合してユーザー認証をする。もしハッカーがデータベースをハッキングしても、盗めるのはハッシュ値ばかりで、実際のパス …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る