KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
AI Is Taking Control of Project Loon

グーグルのネット気球
人工知能が操縦へ

グーグルは、コンピューターは気球を成層圏で操縦できると考えた。 by Jamie Condliffe2016.09.26

グーグルの巨大な白いインターネット気球のテスト飛行からすでに数年。その間、グーグルは最適な気球の飛ばし方の情報をずっと収集してきた。そして、グーグルはいよいよ人工知能に風船を操縦させることにした。

ワイアードによれば、グーグルの「プロジェクト・ルーン」を担う研究開発チームは、プログラムに固定された制御アルゴリズムを使うのをやめようとしており、代わりに、どう操縦すれば本来の飛行経路どおりにいくかを理解するための機械学習を使うことにした。

成層圏で気球を自律操縦させるのは、自動車を街中で自律運転させるのとは随分違う。そもそも、気球の操縦方法はたったひとつしかない。風船を上げたり下げたりするために、少し余分な空気を入れたり出したりするだけだ。成層圏では激しい揺れの原因になる気象の変化がよく起きるので、想定外の事態も幅広く存在する。

しかし人工知能システムは、与えられた任務に対して、実際の飛行経路と本来の飛行経路を比較し、プログラムに固定されたアルゴリズムではできないやり方で、どう状況に対応すればよいのか、新しいデータを分析し続けられる。こうした自動化で負担が軽減されれば、研究チームは他の課題に取り組めるようになる。

課題といえば、たとえば、膨大な量の規制は、この種の航空機でネット接続を普及させることの、行く手を阻んでいるように見える。フェイスブックも巨大な太陽電池式ドローンで同様の法律上の問題に直面している。実際、両社は問題を乗り越えるために一致協力しているが、こちらの問題解決には、人工知能以上のものが必要だろう。

(関連記事:Wired, “Alphabet and Facebook’s Stratospheric Internet Plans Get Tangled in High-Altitude Red Tape,” “Project Loon,” “Project Loon Head Details How the Balloons Interact”)

人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
タグ
クレジット Photograph by btwashburn | Flickr
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る