KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

人工知能(AI) 2019年6月の記事

  1. A new deepfake detection tool should keep world leaders safe—for now
    人工知能(AI)を利用した、本物と見まがうばかりのディープフェイク映像が問題となっている。体の動かし方に注目することで、ディープフェイク映像を見破る手法がコンピュータービジョン・カンファレンスで発表された。 by Will Knight2019.6.30
  2. 食料や医療などの重大な課題を抱えるアフリカ地域でいま、機械学習コミュニティが発展している。IBMやグーグルなどが相次いで研究所を開設したほか、機械学習を教える大学課程や他の教育プログラムも急増中だ。「現実から乖離」する人工知能の世界に、新風を吹き込む可能性がある。 by Karen Hao2019.6.26
  3. 「老舗」巨大テック企業IBMはMITとの共同研究で何を目指すのか?
    「老舗テック企業」のIBMはMITとのパートナーシップで、AI分野での強大な地位を再び築こうとしている。その狙いとビジョンをIBM幹部が語った。 by Karen Hao2019.6.25
  4. ボストンに拠点を置くスタートアップが、「低レベルの知能」をロボットに付与することで、人間と協調作業ができるようにする専用チップの開発を進めている。より優れた行動計画の立案は、将来のロボット工学にとって基礎的かつ重要な要素だ。 by Will Knight2019.6.20
  5. 人工知能(AI)によるディープフェイク技術が進歩する中、加工された映像や画像への対処が問題となっている。米国連邦議会では公聴会が開かれ、透かしの義務付けやプラットフォームに検出機能を求める規制法案も提出された。 by Karen Hao2019.6.18
  6. Artificial intelligence sees construction site accidents before they happen
    「アルゴリズムに従う」労働者たち——建設業界は安全管理もAIに
    米国のある建設企業は、コンピュータービジョンを使って現場を監視して事故の発生を予測する人工知能(AI)システムを開発している。AIが人間の労働者を監視し、AIに従って人間が働く、大きなトレンドの一端だ。 by Will Knight2019.6.18
  7. Facebook’s AI system can speak with Bill Gates’s voice
    フェイスブックのAI研究者グループは、深層学習のアルゴリズムを使って、あらゆる人の声を本物そっくりに複製できる音声合成システムを開発した。現状のシステムよりもずっと人間に近い形でやり取りを自動化できるようになる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2019.6.14
  8. Anyone can program this cheap robot arm in just 15 minutes
    2割の価格で8割の性能、中小企業向け産業用ロボ「エヴァ」
    産業用ロボットが中小企業ではさほど普及していないのは、導入や維持にかかるコストが障壁となっているからだ。英国のあるスタートアップ企業は、「2割の価格で8割の性能、誰でも15分でプログラミング可能」をうたい文句に中小製造業者向けの産業用ロボットを販売している。 by Charlotte Jee2019.6.13
  9. Why does Beijing suddenly care about AI ethics?
    唐突な「北京AI原則」発表は何を意味するのか?
    中国政府が発表したAI原則は、個人の自由やプライバシーの保護といった西側諸国のAI倫理に非常によく似ている。中国がこの問題について対話をしようとする意欲の現れなのだろうか。 by Will Knight2019.6.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る