KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

コンピューティング 2019年6月の記事

  1. Machine learning is about to revolutionize the study of ancient games
    マシンビジョン、人工知能(AI)、データマイニングなどの手法を駆使して古代のゲームについて研究する「ゲーム考古学」と呼ばれる学問分野が、新たに立ち上がりつつある。ゲームに関連する情報の単位である「ルディーム」を用いて、古代ゲームのルールを再構築し、現代のゲームにつながる「ゲームの進化系統樹」を作成することを目指す。by Emerging Technology from the arXiv2019.6.26
  2. 中東襲った「殺人」マルウェア、米国・アジアの電力会社に照準か
    2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだマルウェア「トリトン」を操るハッキング集団が、米国やアジアの電力会社をターゲットとして調査を進めていることが明らかになった。 by Martin Giles2019.6.21
  3. 「クールな場所」に熱視線北欧のデータセンター大国アイスランドが抱える課題
    人口35万人の北欧の小国・アイスランドで、大規模データセンターの建設が相次いでいる。寒冷な気候を利用することで冷却費用を抑えられると同時に、電気料金が安く、再生可能エネルギーを利用できるからだ。だが、急成長に伴う課題も浮上している。 by Tryggvi Adalbjornsson2019.6.21
  4. AIチップ大競争に新顔ゲイツらが出資する光チップベンチャーが始動
    プリンストン大学の研究者らによる光学チップの開発会社が、ビル・ゲイツやウーバーのCEOらから900万ドルの初期資金を調達した。大量データの並列処理を得意とし、エネルギー効率に優れた光学チップは、人工知能(AI)の新たなブレークスルーになるか。 by Martin Giles2019.6.17
  5. 2020米大統領選は「ロシアの介入」を防げるか?
    ロシアの干渉が認定された前回の大統領選挙に、米国は学んでいない。2020年の大統領選へ向けて、より強硬な対応策を勧告する研究結果が発表された。 by Martin Giles2019.6.11
  6. Prisoner’s Dilemma shows how exploitation is a basic property of human society
    なぜ搾取は起きるのか?東大研究者が「囚人のジレンマ」で解明
    一見すると対等な状況でも、搾取的な関係を構築できる。東京大学の研究者による新たな「囚人のジレンマ」の研究によって、搾取の構造が明らかになった。 by Emerging Technology from the arXiv2019.6.6
  7. Cybersecurity flaws in chips are still taking too long to fix
    半導体チップの欠陥を修正するパッチの開発には一般に、ソフトウェアよりも長い期間を要する。だが、サーバーから携帯電話に至るまでの、あらゆるものにチップが搭載されている現在、ハッキングのリスクが高まっている。 by Martin Giles2019.6.6
  8. How a quantum computer could break 2048-bit RSA encryption in 8 hours
    量子コンピューターによって将来、現在一般的に使われている暗号が解読されるのは数十年先とされてきた。しかし、新たな研究によって、従来の予想よりも早く、暗号が解読されてしまう可能性が出てきた。 by Emerging Technology from the arXiv2019.6.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る