KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

宇宙 2019年11月の記事

  1. Listen to the sound of Earth’s magnetic field as it’s pummeled by a solar storm
    太陽嵐が地球磁場にぶつかる「音」、ESAが公開
    欧州宇宙機関(ESA)は、太陽嵐が地球の磁場と衝突した際に生まれる振動の録音を公開した。この奇妙な新しい音は、太陽嵐が地球の磁場と相互作用するプロセスの複雑性を浮き彫りにしており、今後の宇宙天気による脅威を予測する方法を見直す必要があるかもしれない。 by Neel V. Patel2019.11.26
  2. 生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
    2020年に打ち上げ予定の米国航空宇宙局(NASA)の火星探査ミッション「マーズ2020」の探査機の着陸予定地に、古代の生命の痕跡を保存するのに適した鉱物が存在することが分かった。これらの鉱物を現地で分析したり、試料として持ち帰ったりすることで、古代の火星に生命が存在したかどうかが分かるかもしれない。 by Neel V. Patel2019.11.26
  3. 「宇宙戦争」の始め方——人工衛星軌道上の危ない現実
    社会的インフラや軍の行動が軌道上の人工衛星に大きく頼っている現在、それらが攻撃されれば大混乱を引き起こしかねず、戦争行為とみなされるかもしれない。多くの人々は、そうした宇宙戦争が未来に起こったら大変なことになるだろうと考えているが、人工衛星への攻撃はすでに始まっている可能性がある。 by Niall Firth2019.11.22
  4. 読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
    宇宙が膨張を続けているのなら、やがては天体間の距離が引き離されて重力が機能しなくなってしまい、たとえば、惑星が星の周りを公転しなくなる可能性はないのだろうか。 by Neel V. Patel2019.11.21
  5. ボイジャー2号が太陽圏離脱有終の美を飾る5つの成果
    米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ボイジャー2号」は2018年11月に、太陽圏を離脱し、恒星間空間に入った史上2番目の人工物となった。2019年11月3日にネイチャー・アストロノミー誌に掲載されたボイジャー2号の成果を記した一群の論文から、重要なポイントを5つ紹介する。 by Neel V. Patel2019.11.11
  6. NASA will use a robot to listen out for danger on the ISS
    NASAとボッシュは、国際宇宙ステーション(ISS)内で発生した危険の兆候を検出するために、マイク一式を搭載した音響監視システムを開発した。ISS内を飛び回って宇宙飛行士の作業を支援する自律型小型ロボットに搭載し、気になる異音がないか耳をそばだてる。 by Neel V. Patel2019.11.8
  7. How China built a single-photon detector that works in space
    中国の人工衛星「墨子号」は、量子暗号をはじめとする量子技術の分野で目覚ましい一連のブレークスルーを達成している。この成果には、中国科学技術大学の研究チームが開発した、バックグラウンドノイズを巧妙に回避する強力な単一光子検出器が重要な役割を果たしている。 by Emerging Technology from the arXiv2019.11.7
  8. SpaceX just filed a request to run 30,000 more Starlink satellites in orbit
    スペースX、3万基追加申請大量の衛星打ち上げ、なぜ?
    スペースXが人工衛星3万基分の周波数割り当てを申請した。計画が実現すれば合計4万基あまりものおよぶメガコンステレーション(衛星群)を低軌道へ投入することになるが、その目的ははっきりしない。 by Neel V. Patel2019.11.6
  9. Are there any realistic spaceflight technologies from Star Wars?
    読者からの質問:「スター・ウォーズ」の技術は実現しますか?
    映画「スター・ウォーズ」には、はるか彼方の銀河系で発明されたさまざまな技術が登場する。実現する可能性が高そうなものはあるだろうか? by Neel V. Patel2019.11.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る