KADOKAWA Technology Review
×
ISS内の「異音」から危険を察知、NASAとボッシュがロボットへ搭載
Bosch
ビジネス・インパクト Insider Online限定
NASA will use a robot to listen out for danger on the ISS

ISS内の「異音」から危険を察知、NASAとボッシュがロボットへ搭載

NASAとボッシュは、国際宇宙ステーション(ISS)内で発生した危険の兆候を検出するために、マイク一式を搭載した音響監視システムを開発した。ISS内を飛び回って宇宙飛行士の作業を支援する自律型小型ロボットに搭載し、気になる異音がないか耳をそばだてる。 by Neel V. Patel2019.11.08

時速130キロメートルで高速道路を運転している時にこれまで聞いたこともないような変なブンブンという音がし始めたら、何か悪いことが起こっていると気づくはずだ。時速2万7600キロメートルで地球の上空409キロメートルを周回する金属の塊、つまり国際宇宙ステーション(ISS)の中に座っているときにも同じ原理が当てはまる。宇宙ステーションに何らかの問題がある時には、ガチャガチャ、ブンブン、キーキーと不安を掻き立てるような音がするものだ。

しかし、危険性のある可能性をはらんだ音の多くは人間の耳には聞こえない。たとえば、昨年宇宙ステーションで見つかった空気の漏出を見てみよう。直径2ミリの穴が見つかって塞がれるまでにほぼ1日かかった。このときは、乗組員には差し迫った危険をもたらさなかったが、すべての漏出がこれと同様に脅威がないとはいえない。幸いにも漏出があるときには、超音波周波数のノイズが発生する。これらの音を測定できるツールがあれば、漏出が発生したときに乗組員に警告を出すことができるはずだ。

「音はそれ自体が、環境について多くのことを教えてくれます」と語るのは、多国籍企業ボッシュの北米支社の研究者であるサマルジット・ダースだ。スマート・スピーカーが人工知能 (AI)をどのように使って音声認識の精度を向上させ、その環境で認識する音響パターンの意味を理解しているかはすでに知られている。これらの手法を機械に適用することで、「完 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る