KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。
スペースX、3万基追加申請
大量の衛星打ち上げ、なぜ?
SpaceX
ビジネス・インパクト 無料会員限定
SpaceX just filed a request to run 30,000 more Starlink satellites in orbit

スペースX、3万基追加申請
大量の衛星打ち上げ、なぜ?

スペースXが人工衛星3万基分の周波数割り当てを申請した。計画が実現すれば合計4万基あまりものおよぶメガコンステレーション(衛星群)を低軌道へ投入することになるが、その目的ははっきりしない。 by Neel V. Patel2019.11.06

スペースX(SpaceX)が、自社のコンステレーション(衛星群)「スターリンク(Starlink)」ネットワーク3万基分の衛星周波数の割り当てを国際電気通信連合(ITU)に申請している。スターニュース(SpaceNews)が10月15日に報じた。ITUとFCC(連邦通信委員会)はすでに1万2000基分を承認済みで、3万基はその上積み分となる。ITUへの申請は合計20件、高度386~579キロメートルの軌道に配置される1500基の衛星に関するものだ。

膨張するスターリンク

スペースXは今年5月、60基のスターリンク衛星を軌道に送り、さらに60基を打ち上げる予定だ。同社の構想では、スターリンクのインターネット網は最終的に1万2000基の衛星で構成され、全世界を対象としたインターネット接続を提供する。

スペースXの戦略はその高いビジョンが評価される一方で、いくつかの懸念も生み出している。最初に打ち上げた60基のうち3基を失った。事故率は5%で、今後さらに高まる可能性がある。最近ではスターリンク衛星と欧州宇宙機関(ESA)の気象衛星が異常接近し、宇宙船にとって地球軌道がさらに危険となるような、あるいは使えなくなるような衝突が起きる懸念が増大した。

なぜ、スペースXは追加申請したのか?

今回の発表よりも前に、スペースXは、スターリンクを稼働させるのに数千もの衛星からなるメガコンステレーションが本当に必要かどうかを巡って精査されていた。衛星を増やす必要性は「何をしようとしているのか、何が衛星に必要なのか、どのくらいの能力を確保しているのか、使用事例がどのようなものかに左右される …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
マガジン刊行記念 15%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
マガジン刊行記念 15%OFF
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る