KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

宇宙 2021年4月の記事

  1. Hyper-accurate positioning is rolling out worldwide
    誤差わずか数センチ、超高精度位置情報測位が世界を包囲する
    人工衛星による位置情報測位システムは、人々の生活やビジネスを大きく変えてきた。今後、私たちは数センチメートルの精度で位置情報を得られるようになるだろう。by Ling Xin2021.4.26
  2. スペース・ロック——時代を駆け抜けた音楽の隆盛と衰退
    20世紀における人類最大の偉業の一つである宇宙開発と、若者文化を変革したロックは、奇しくも平行する時間軸上に存在している。この話の主役となるのは、最もわかりやすく、わかりにくい人物である、デヴィッド・ボウイだ。 by Chuck Klosterman2021.4.25
  3. NASA、火星で酸素の生成に成功
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス」に搭載された機器による実証実験で、二酸化炭素が豊富な火星の大気から酸素を抽出できることが確認された。酸素は、宇宙飛行士が呼吸するのに必要なだけでなく、ロケット燃料の重要な原料にもなる。 by Neel V. Patel2021.4.23
  4. NASAが火星でヘリ初飛行に成功「他の惑星でライト兄弟になった」
    NASAは、ドローンヘリコプター「インジェニュイティ」の火星での初飛行に成功した。地球の大気のわずか1%の密度しかない火星の薄い大気の中でヘリコプターを飛ばすことは、重要な技術的チャレンジであると考えられていた。 by Charlotte Jee2021.4.21
  5. 50年ぶりの月面再訪にスペースXの着陸船 ライバル逆転
    NASAは、2020年代に予定しているアルテミス計画において、月周回軌道と月面を往復する着陸船に、スペースXの「スターシップ」を使うことを明らかにした。NASAが昨年、月着陸船に関して3つのグループと締結した契約では、スペースXは受け取る金額が最も少なく、技術や管理面の評価も低かったが、「逆転」した。 by Neel V. Patel2021.4.19
  6. NASA’s next lunar rover will run open-source software
    宇宙にもオープンソースの波 NASAが最新月面探査車に活用
    宇宙へのミッションではこれまで、大金をつぎ込んで開発した独自仕様のソフトウェアを使用するのが一般的だった。しかし、宇宙産業が急成長を遂げるにつれて、より安価で利用しやすいオープンソース・ソフトウェアの利用が注目されるようになってきている。 by Neel V. Patel2021.4.14
  7. Astronomers thought comet Borisov was pretty boring. They were wrong
    ボリソフ彗星に新たな知見、実は原始のタイムカプセル
    2019年8月に発見され、当初はまったくありふれた彗星だと考えられていたボリソフ彗星について、新たな知見を示す論文が発表された。同論文によると、ボリソフ彗星は、これまで観測された中で、もっとも「原始の状態」を保っている彗星だというのだ。 by Neel V. Patel2021.4.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る