KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

人工知能(AI) 2021年8月の記事

  1. People are hiring out their faces to become deepfake-style marketing clones
    講師・受付に「顔」貸出、デジタル版コピーロボビジネスが拡大中
    実在の人物の映像を使ってディープフェイクで作成したAIキャラクターを、ライセンス供与するビジネスが広がりつつある。いったん映像を撮影すれば、何千本もの映像に出演し、あらゆる言語で何でも話すことができるため、俳優の仕事にも影響を与えそうだ。 by Will Douglas Heaven2021.8.30
  2. 米政府機関で「顔認識」利用拡大、規制化の声に逆行
    最新の調査結果によると、米国の政府機関や地方自治体などが顔認識テクノロジーを利用しており、今後利用範囲を拡大していく見込みだ。一方で、顔認識システムは人種間での誤認識などの問題を抱えており、規制を求める動きがある。 by Tate Ryan-Mosley2021.8.27
  3. 「非倫理的」なAI訓練データセット、削除するだけでは不十分
    人工知能(AI)の訓練用にはかつて、ネット上のデータを許可なく集められたものが使われた。後に批判され、データセットを撤回する例が相次いだがが、撤回するだけでは問題の解決にはならない。 by Karen Hao2021.8.23
  4. ドイツ語で答えても適正あり?AI面接で英語力を測ってみたら……
    欧米では企業の採用活動に人工知能(AI)ツールが使われる機会が増えた。実際に複数のツールを試してみると、さまざまな懸念点が明らかになった。 by Hilke Schellmann2021.8.19
  5. まるでカメレオン、一瞬で背景に溶け込む人工カモフラージュ・ロボ
    カメレオンの皮膚のように自由自在に変色するロボットを韓国の研究者が開発した。生物にヒントを得たロボットには新たな可能性がある。 by Tatyana Woodall2021.8.14
  6. Zoox CEO Aicha Evans on how autonomy will change our habits
    昨年夏、アマゾンに12億ドルで買収された自動運転車のスタートアップ企業「ズークス」。同社が目指すところや、チーム作りに関する多様性についてCEOが語った。by Anthony Green2021.8.13
  7. Looking for work? Here’s how to write a résumé that an AI will love.
    AI採用時代の転職市場を突破するための4つのヒント
    企業や組織の採用プロセスでAIが利用されることが多くなってきている。こうした求人市場で高評価を得て、採用にこぎつけるには、従来とは異なるやり方が求められる。 by Hilke Schellmann2021.8.12
  8. A new generation of AI-powered robots is taking over warehouses
    パンデミックで需要急増、AI搭載の新倉庫ロボの導入が加速
    パンデミックで電子商取引の需要が急増したのを背景に、AIが搭載された新世代のロボットが倉庫業務を席巻しつつある。倉庫内で物を移動するだけでなく、棚や箱から物を取り出して梱包したり、袋詰めしたりできるロボットだ。by Karen Hao2021.8.11
  9. Inside the fight to reclaim AI from Big Tech's control
    AI界は変われるか?グーグルを解雇された研究者らの戦い
    AIに大きな収益性があることに気づいた巨大テック企業は、豊富な資金力を背景にAI研究を支配し、社会的問題を解決するどころか悪化させてきた。しかし、こうした偏向を摘発し、人間に役立つAIを構築しようとする研究者たちにより、流れは少しずつ変わってきている。 by Karen Hao2021.8.10
  10. Hundreds of AI tools have been built to catch covid. None of them helped.
    今回のパンデミックでは、現場の医師を支援することを目指したAIツールが数多く作られた。しかし、役に立つツールがどれ一つとしてなかっただけでなく、中には誤診やリスクの過小評価によって有害になり得るツールすらあった。by Will Douglas Heaven2021.8.4
  11. An endlessly changing playground teaches AIs how to multitask
    ディープマインドは、バーチャル3D空間でさまざまな課題を際限なく課すことによって、AIが初見のタスクにも短時間で適応できるようにする手法を開発した。 by Will Douglas Heaven2021.8.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る