KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

人工知能(AI) 2022年10月の記事

  1. Alex Hanna left Google to try to save AI’s future
    アレックス・ハンナ——AIの未来のためにグーグルを去った研究者
    「白人問題」でグーグルを退職したアレックス・ハンナ博士は、ティムニット・ゲブル博士の研究所の一員として、白人至上主義を解消するために活動している。by Anmol Irfan2022.10.24
  2. バグ報奨金にヒント、「AIのバイアス」を探す競技会始まる
    AIシステムに含まれるバイアスを検出するコンペティション(競技会)が10月20日から11月30日にかけて実施されている。AIが社会のさまざまな局面で利用されるようになった現在、こうした監査の重要性は増している。by Melissa Heikkilä2022.10.24
  3. ようやく発表された「AI権利章典」に見る、米国のジレンマ
    米国科学技術政策局が「AI権利章典」をようやく発表した。AIの悪用への抑止力に期待がかかる反面、拘束力がない原則にとどまっていることから、政府の苦悩が垣間見える。 by Melissa Heikkilä2022.10.20
  4. ディープマインドのAIが行列乗算で数学者の50年来の記録を破る
    行列乗算はコンピューティングにおいて頻繁に使われ、コンピューターが日常的に実行する何千ものタスクに影響を及ぼしている。ディープマインドのAI「アルファゼロ」は、行列乗算をこれまでよりも高速に実行する方法を発見した。by Will Douglas Heaven2022.10.17
  5. グーグル、短い「音」から続きを生成するオーディオAI
    グーグルの新しい技術「オーディオLM(AudioLM)」は、人間が準備したテキストやラベル付けをした訓練データなしに、これまで以上に自然なオーディオを生成する。 by Tammy Xu2022.10.14
  6. This startup’s AI is smart enough to drive different types of vehicles
    米国の一部で自動運転のロボタクシーの導入が実現したものの、試験段階を超えて普及する兆しは見えない。新世代の無人運転自動車スタートアップはAIを全面的に採用することで、突破口を見い出そうとしている。by Will Douglas Heaven2022.10.14
  7. The White House just moved to hold AI more accountable 
    米バイデン政権が「AI権利章典」を発表、テック企業に説明責任
    人工知能(AI)の悪影響から保護するため、バイデン大統領は5項目で構成されるAI権利章典を発表した。市民団体、テック企業の双方から歓迎の声が上がる一方、強制力を持たないため効力を疑問視する声もある。 by Melissa Heikkilä2022.10.7
  8. Meta has developed an AI that generates video based on text prompts
    今度は「テキストから動画」、メタが生成AIを発表
    メタ(旧フェイスブック)は「テキストから短編動画を生成する」AIシステムを発表した。生成型AIの画期的な進歩だが、将来的にフェイク動画の生成につながる可能性があるなど、倫理的な問題を提起している。by Melissa Heikkilä2022.10.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る