KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

気候変動/エネルギー 2023年4月の記事

  1. EVs just got a big boost. We’re going to need a lot more chargers.
    米政府が新基準発表でEV販売を後押し、課題は充電設備の拡充
    米政府は、電気自動車が新車販売気の半分を占めるという当初の目標を達成するために、新車の二酸化炭素排出量についての基準案を発表した。しかし、その目標を達成するには、新たな充電設備が大量に必要だ。 by Casey Crownhart2023.4.20
  2. 「航空機のネスプレッソ目指す」新型水素航空機、次の展開は?
    MITテクノロジーレビュー(米国版)の読者投票で、2023年の11番目の重大技術に選ばれたのが、「水素航空機」だ。航空機向けの「ネスプレッソ・コーヒー・カプセル」を作りたいと語るスタートアップ、ユニバーサル・ハイドロゲンの取り組みを紹介しよう。 by Casey Crownhart2023.4.19
  3. 生ゴミを微生物の力でお金に変えるバイオメタン企業
    食料品店などで毎日大量に発生する食品廃棄物を回収する米国企業が10億ドルの資金を調達した。微生物を利用してバイオメタン(再生可能天然ガス)を生産する取り組みを全米に展開する計画だ。 by Casey Crownhart2023.4.18
  4. 最先端は「レンガ」、熱貯蔵は脱炭素の切り札になるか?
    化石燃料を使って製造プロセスで使う熱を生成する重工業は、温室効果ガスを大量に排出している。クリーン電力で生成した熱を貯蔵して使うことで、化石燃料の使用を減らす試みが始まっている。by Casey Crownhart2023.4.14
  5. エネルギー効率の悪い古い建物を改修することは、それほど魅力的な新しい取り組みではないかもしれない。しかし、華々しい「スマート」なソリューションよりも、はるかに環境に優しいものだ。 by Patrick Sisson2023.4.12
  6. EV batteries are the next point of tension between China and the US
    中国テック事情:EVバッテリー巡り緊張高まる米中関係
    中国企業が世界の電気自動車用の電池製造をほぼ独占するようになり、政治的問題の火種となることが増えてきた。この傾向は今後、ますます強まりそうだ。 by Zeyi Yang2023.4.11
  7. When hydrogen will help climate change—and when it won’t. 
    「ゴールド」にも期待の水素、気候変動対策にいつ役立つのか?
    水素は気候変動対策のヒーローとして取り上げられることが多い。だが、製造方法によっては温室効果ガスが発生するため、すべてがクリーンなわけではない。by Casey Crownhart2023.4.10
  8. The UN just handed out an urgent climate to-do list. Here's what it says.
    気候変動の解決策「すでにある」、国連報告書が示す4つの具体的方法
    国連のIPCCが新たに公開した報告書は、気候目標達成のためのテクノロジーやノウハウはすでに存在すると指摘している。報告書を基に、低コストかつ効果が見込める方法の一部を紹介しよう。by Casey Crownhart2023.4.3
  9. A stealth effort to bury wood for carbon removal has just raised millions
    ビル・ゲイツの気候ファンドなどが出資するスタートアップ「コダマ・システムズ(Kodama Systems)」は、間伐材を地中に埋蔵することで、温室効果ガスの放出量を減らす取り組みを進めている。 by James Temple2023.4.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る