KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2023年6月の記事

  1. The wild race to improve synthetic embryos
    「人工ヒト胚」めぐる騒動、背景に研究者間の競争過熱
    ある研究者が本物に近い「人工ヒト胚」を作り上げたと英紙が報道し、物議を醸している。人工胚の開発が、扱いの枠組みを決める前から、研究室間の無謀な競争の様相を呈している。by Antonio Regalado2023.6.28
  2. ボストンで開かれた国際幹細胞学会(ISSCR)で、若返りに関する講演に聴衆が殺到し、警察が出動する騒ぎとなった。「究極の偉業」に対する科学者の関心の高まりを象徴する出来事だ。 by Antonio Regalado2023.6.27
  3. 健康改善のヒントは便の微生物から?
    ヒトが食べたものは腸内のマイクロバイオームの状態を変化させる。便から採取したマイクロバイオームを分析することで、その人に合わせた健康改善へのアドバイスを作れるかもしれない。 by Jessica Hamzelou2023.6.26
  4. 高級リゾートに集う、長寿国家の創設を熱望する人たち
    モンテネグロの高級リゾート地で、長寿を追及する人たちが集まる長期イベントが開催された。数日間だけ現地で参加した記者の感想をお届けする。by Jessica Hamzelou2023.6.22
  5. 「生まれてからでは手遅れ」胎児への手術は新たな選択肢になるか
    胎児を対象にした脳外科手術の成功が先月、報じられた。胎児は脳血管に致命的な奇形があり、誕生後すぐに命に関わる重篤な状態に陥る可能性があった。今後、別の症状についても子宮内で治療できる可能性があるという。 by Jessica Hamzelou2023.6.21
  6. How it feels to have a life-changing brain implant removed
    人生を変えた脳インプラント、試験終了後の被験者に残されたもの
    脊髄損傷を負った男性が、脳にインプラントを埋め込む臨床試験に参加した。装置のおかげで手を動かせるようになった彼は、「人生が変わった」と語る。だが試験終了後、装置を取り外した今、彼は何を思っているのか。 by Jessica Hamzelou2023.6.12
  7. A brain implant changed her life. Then it was removed against her will.
    メーカーの倒産によって脳インプラントの除去を余儀なくされたてんかん患者の女性は、大きな喪失感を経験した。今後数年で脳インプラント市場が拡大し、手術を受ける人が増えるほど、切実な問題になる可能性がある。 by Jessica Hamzelou2023.6.7
  8. Enthusiasts want to create a new independent state to develop longevity drugs. They’re eyeing Rhode Island.
    モンテネグロに期間限定で出現した街を一時的な拠点とし、老化を遅らせたり逆転させたりするためのバイオハックや医薬品開発の規制緩和を奨励する法域を作る計画が討論された。by Jessica Hamzelou2023.6.5
  9. The entrepreneur dreaming of a factory of unlimited organs
    世界初の心臓の異種間移植で使われたブタを作ったバイオテクノロジー企業の創業者マーティン・ロスブラットは今、ヒトに移植できる臓器を限りなく作り続ける工場を実現しようと奔走している。 by Antonio Regalado2023.6.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る