KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

人工知能(AI) 2024年2月の記事

  1. Watch this robot as it learns to stitch up wounds
    AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
    カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが開発したAIロボットが、人工皮膚に対する6針の縫合に成功した。この技術は、手術中の疲労やミスを減少させ、患者の治療結果を向上させる可能性がある。 by James O'Donnell2024.2.27
  2. AI批評家、ゲイリー・マーカスとの散歩で話したこと
    ニューヨーク大学名誉教授で元ウーバー(Uber)AI研究所所長のゲイリー・マーカスは、生成AIはテック企業の新たな搾取的ビジネスモデルであり、こうした企業は責任あるAIについてほとんど関心がないと喝破する。 by Melissa Heikkilä2024.2.22
  3. AIボット導入で、メンタルヘルス・サービスの利用者が増加
    英国国民健康サービス(NHS)が導入したAIチャットボットは、メンタルヘルスのサービス利用者増加につながった。スクリーニングにも役立つという。 by Rhiannon Williams2024.2.21
  4. グーグルが早くも「Gemini 1.5」、最大100万トークン
    グーグルが次世代AIモデルの最新版「ジェミニ(Gemini)1.5」を発表した。昨年12月のリリースから早くもアップデートされた新版では、最大100万トークンに対応する。 by James O'Donnell2024.2.17
  5. 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
    オープンAIは新たなテキスト-動画生成モデル「Sora」を発表した。公開された映像は驚異的だが、一般公開の予定はまだない。 by Will Douglas Heaven2024.2.16
  6. What babies can teach AI
    AIは赤ちゃんから何を学べるのか?
    現在のAIシステムは、狭い範囲でタスクを実行するのに優れているが、依然として極めて脆弱だ。赤ちゃんがどのように学習するかを研究することは、より強力なAIモデルの開発に役立つ可能性がある。 by Melissa Heikkilä2024.2.15
  7. How satellite images and AI could help fight spatial apartheid in South Africa  
    衛星画像とAIで南アの空間的アパルトヘイトに挑む研究者
    南アフリカの黒人が多く居住するタウンシップは、すぐ近くにある裕福な住宅地に比べ公共のリソースをほとんど利用できない。研究者たちは、この問題を地図化することで状況を改善したいと考えている。 by Abdullahi Tsanni2024.2.14
  8. Google’s Gemini is now in everything. Here’s how you can try it out.
    グーグルが生成AI「ジェミニ」全面展開、「バード」から切り替え
    グーグルは生成AI「バード(Bard)」を廃止して、ジェミニ(Gemini)に統一する。チャットGPT型のチャット・サービスのほか、Gmailやグーグル・ドキュメントなどにも組み込む予定だ。 by Will Douglas Heaven2024.2.9
  9. This robot can tidy a room without any help
    追加訓練なし、初見の部屋でも働くお片付けロボットの新研究
    新しいシステムにより、ロボットはオープンソースAIモデルの助けを借りて、これまで見たことのない家の中を歩きまわれるようになった。 by Rhiannon Williams2024.2.7
  10. Minds of machines: The great AI consciousness conundrum
    人工知能(AI)に意識が宿る日はやってくるのか? 神経科学者や哲学者たちはその可能性を探求している。AIの倫理的指針につながるだけでなく、人間の意識の本質を理解する上でも役立つかもしれない。 by Grace Huckins2024.2.6
  11. This baby with a head camera helped teach an AI how kids learn language
    赤ちゃんは言語をどう学ぶのか?ヘッドカメラでAIを訓練した結果
    幼児の頭部に装着したビデオカメラの映像を用いて訓練されたニューラル・ネットワークは、大規模言語モデルよりもはるかに少ないデータで、単語と対象物を一致させられるようになることがわかった。by Cassandra Willyard2024.2.5
  12. Four things to know about China’s new AI rules in 2024
    中国テック事情:2024年のAI規制で注目すべき4つのこと
    中国政府が新しいテクノロジーに迅速に対応することはよく知られている。2024年、中国におけるAI規制がどのようになるかを専門家に聞いてまとめた。 by Zeyi Yang2024.2.5
  13. Dear Taylor Swift, we’re sorry about those explicit deepfakes
    ディープフェイク被害にあったテイラー・スイフトさんへの手紙
    あなたはこのようなディープフェイクと闘うための規制が不可欠だと、納得させる「場」と「力」を持っている。 by Melissa Heikkilä2024.2.4
  14. A new AI-based risk prediction system could help catch deadly pancreatic cancer cases earlier
    すい臓がん早期発見へ、AIベースの予測システムが新成果
    新たに開発された「プリズム(PRISM)」と呼ばれる人工知能(AI)システムは、発見が難しい、すい臓がんの早期発見につながる可能性がある。 by Rhiannon Williams2024.2.2
  15. Three ways we can fight deepfake porn (Taylor’s version) 
    テイラー・スウィフトも被害、ディープフェイク・ポルノ対抗策は?
    世界有数のポップスターであるテイラー・スウィフトが悪質なディープフェイク・ポルノの被害に合った。現時点での対抗策となる3つの方法を紹介する。 by Melissa Heikkilä2024.2.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る