KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

人工知能(AI) 2024年6月の記事

  1. Why artists are becoming less scared of AI
    見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
    生成AIを使った実験を重ねるにつれて、クリエイティブ分野での限界が明確に理解されるようになってきた。AIとアーティストたちの力関係を変えようとする取り組みもいくつか始まっている。 by Melissa Heikkilä2024.6.30
  2. 顔から全身へ、英ユニコーンの超リアルなAI生成アバターが進化
    英国のユニコーン企業であるシンセシア(Synthesia)が新たなAIアバター技術を年内にリリースする。顔だけでなく手などの体の動きも生成するという。 by Melissa Heikkilä2024.6.26
  3. 中国テック事情:話題の動画生成AI「Kling」を試してみた
    中国のテック企業・快手(クアイショウ)が動画生成モデル「Kling」をリリースし、話題になっている。TikTokなどに投稿するショートクリップの制作方法を一変させるかもしれない。 by Zeyi Yang2024.6.25
  4. 解説:生成AIのハルシネーションはなぜ起きるのか
    大規模言語モデルが「ハルシネーション(幻覚)」を生成することはよく知られている。ただ、その仕組みから明らかのように、LLMの出力は本質的にはすべてハルシネーションであり、間違いが発覚したものがそう呼ばれているだけだ。 by Will Douglas Heaven2024.6.24
  5. 台湾防衛の鍵、高度なドローンに 米シンクタンクが予測
    米シンクタンクがまとめたシミュレーション結果によると、将来起こり得る台湾と中国の紛争ではドローン技術が極めて重要になる可能性がある。ウクライナ戦争とは異なる戦術、中国の優位性、そして台湾が直面する課題とは。 by James O'Donnell2024.6.24
  6. Meta has created a way to watermark AI-generated speech
    AI音声による詐欺防止へ メタ、オーディオ透かしで新技術
    詐欺やデマ目的での音声クローンツールの使用が増えている。メタの「AudioSeal」というツールが問題への対処に役立つ可能性がある。   by Melissa Heikkilä2024.6.21
  7. What happened when 20 comedians got AI to write their routines
    AIは「笑い」を取れるか? プロがLLMにネタを書かせた結果
    大規模言語モデルはコメディのネタを作るツールとして使えるのだろうか? グーグル・ディープマインドの研究チームは、AIを使ったことのあるプロのコメディアン20人に調査を実施し、現時点での結論を得た。 by Rhiannon Williams2024.6.20
  8. What using artificial intelligence to help monitor surgery can teach us
    「手術ミスゼロ」監視システムに学ぶ、AI導入の3つの教訓
    スタンフォード大教授が開発した手術室用のAI機能付き監視装置は、すでにいくつかの病院で使用されている。手術における安全の確保をうたい文句にするが、本来の目的を果たすことができるのだろうか。 by Melissa Heikkilä2024.6.19
  9. This AI-powered “black box” could make surgery safer
    手術室の映像と音声を記録し、AI技術を用いて分析するシステムが欧米の一部の病院で導入されている。航空機に搭載されているブラックボックスの手術室版と言えるものだが、医師の反発は大きく導入へのハードルは高い。 by Simar Bajaj2024.6.17
  10. Apple is promising personalized AI in a private cloud. Here’s how that will work.
    生成AIでも「アップル流」、プライバシー保護で差別化訴え
    生成AIブームに出遅れていたアップルがようやく参戦した。新機能「アップル・インテリジェンス」では、プライバシーを保護しながら個人に合ったサービスを提供するという。現時点で分かっている仕組みを解説する。 by James O'Donnell2024.6.13
  11. Propagandists are using AI too—and companies need to be open about it
    主張:生成AIを使ったプロパガンダ工作、AI企業は実態公表を
    オープンAIは5月末に、同社の生成AIツールを利用したプロパガンダ活動の事例を公開した。これらの活動は実際にはさほど影響力がなかったとしているが、こうしたレポートの公開は今後、データ共有と併せて、業界の標準となるべきだ。 by Renée DiResta2024.6.11
  12. What I learned from the UN’s "AI for Good" summit
    生成AIはSDGs達成に役立つか? 国連サミットでの学び
    5月末にジュネーブで開催された国連の会議では、「持続可能な開発目標」達成にAIがどう活用できるかが議論された。膨大なエネルギーを消費し、バイアスを助長しているAIを、いかに持続可能なものにするか、といった視点ではやや物足りない内容だった。 by Melissa Heikkilä2024.6.7
  13. AI-directed drones could help find lost hikers faster
    遭難者のドローン捜索、「勘」から「AI」で早期発見へ
    山岳地方などでドローンを使って遭難者を捜索する際、捜索経路はほぼ人間の直感によって計画されている。深層学習AIシステムを使うことで、一分一秒を争う状況でより多くの命を救える可能性がある。 by James O'Donnell2024.6.4
  14. Why are Google’s AI Overviews results so bad?
    「ピザに接着剤がおすすめ」グーグルの検索AIはなぜ珍回答を返すのか
    グーグルの新たなAI検索機能が、誤った情報を表示するケースがソーシャルメディアで指摘されて話題となっている。検索拡張生成(RAG)と呼ばれる手法で幻覚を回避しているはずだが、なぜ問題は起きたのか。 by Rhiannon Williams2024.6.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る