KADOKAWA Technology Review
×
アダム ピオル 9 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    食事を摂りながら体を断食状態にできる「プロロン」。アンチエイジング研究者が苦境の中で開発した、若返りダイエット法を試してみた。 Adam Piore14カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    人々の分断はソーシャル・メディアによってもたらされている、というのは本当なのだろうか。フェイクニュースやツイートによって、多くの人が自分の意見を形成しているのだろうか。いくつかの研究で明らかになったのは、それほど単純な問題ではないということだ。 Adam Piore2年前
  3. 持続可能エネルギー
    米国の農家はこれまで、気候変動を取るに足らぬものとして無視してきた。だが、数十年続いてきた生産性向上のペースはすでに鈍化している。平均気温上昇がこのまま続けば、トウモロコシや大豆などの収穫量が大きく減少し、世界の食糧事情に深刻な影響を与える可能性がある。 Adam Piore2年前
  4. 生命の再定義
    サンフランシスコに本社を置くバイオテク企業のジェネンテックは、各個人のがんに対して最も効き目があるように個別に調整した「ワクチン」を用いる、最新の免疫療法の研究を進めている。だが、商品として市場に投入するには、いかにして大量のワクチンを迅速に生産して患者の元に届けるのか、というビジネスモデルの根幹に関わる難問を解決する必要がある。 Adam Piore2年前
  5. 生命の再定義
    将来、人間が脳内にチップを埋め込み、コンピューターとシームレスにやり取りできるようになると真剣に考えている脳神経外科医がいる。すでに、思考するだけで「スペースインベーダー」ゲームをしたり、脳に埋め込んだ電極の信号で人間の意思を解読できるという初期証拠を得たりするなどの研究成果をあげている。 Adam Piore3年前
  6. 生命の再定義
    米国防省が脳モデム開発に投資、「電脳化」実現へ前進
    攻殻機動隊の「電脳化」のような技術の実現を目指す動きが加速している。脳コンピューター・インタフェースを実現するには、多数の神経細胞からの信号を記録することが欠かせない。米国の民間企業が、米国防総省の資金提供を受けて、100万個の神経細胞と双方向に信号をやり取りする技術の開発に着手した。 Adam Piore4年前
  7. 生命の再定義
    ある種のがんで、患者によってはがんが完治することもある免疫療法は、一方では効かないがん、効かない患者がいる不可解な治療方法だ。MDアンダーソンがんセンターのジェイムス・アリソン教授に、現在の課題について話を聞いた。 Adam Piore4年前
  8. 生命の再定義
    副作用のない鎮痛剤を創薬
    人類は痛みから解放される?
    オピオイド系鎮痛剤の痛みを消す効果を保ちながら、依存性のない新薬が開発された。 Adam Piore5年前
  9. 生命の再定義
    鎮痛剤で年間2万人弱が死亡
    米国型医療の闇
    依存症や副作用に苦しまずに済む鎮痛剤の研究成果により、痛みに苦しまずに済むようになるかもしれない。 Adam Piore5年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る