KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
douglas.heaven 14 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    中国「量子の父」、50kmの光ファイバーで量子もつれを実証
    中国科学技術大学のパン・ジエンウェイ教授らのチームは、都市間で信頼性の高い量子インターネットを築く基盤となる可能性のある手法の実証実験を実施。50キロメートルの光ファイバーを利用して、遥かに信頼性の高い量子もつれの状態を作れることを示した。 Douglas Heaven3年前
  2. ちょっとした「言い換え」でAIはだませる、MITが敵対的攻撃を実証
    「テキストフーラー(TextFooler)」は、文中の特定の単語を同義語で置き換えるだけで自然言語処理(NLP)システムをだまして文章を誤解させることができるソフトウェアだ。同ソフトウェアを使った試験では、3つの最新のNLPシステムの正確度が大幅に低下した。たとえばグーグルのBERT(バート)の場合、イェルプ(Yelp)のレビューのネガポジ判定が5〜7倍も悪化した。 Douglas Heaven3年前
  3. トランプ政権がAI研究の予算増額を要求、数億ドル規模
    ホワイトハウスは、人工知能(AI)の研究予算を数億ドル増額しようとしている。トランプ政権は、2月10日に発表された予算教書において、米国国防高等研究計画局(DARPA)におけるAI研究予算を5000万ドルから2億4900万ドルへ、米国立科学財団におけるAI研究予算を5億ドルから8億5000万ドルへと増額した。その他の省庁、たとえば米国エネルギー省や米国農業省においてもAI関連予算が増額されようとしている。 Douglas Heaven3年前
  4. 生命の再定義
    複数のデータセットにまたがる事象の因果関係を見抜くことができる手法を英国の研究チームが開発した。量子暗号にヒントを得たもので、大規模な医療データベースに適用することで、医療診断AIの精度を高めるのに役立ちそうだ。 Douglas Heaven3年前
  5. 知性を宿す機械
    深層学習の人工知能(AI)システムがさまざまな分野で使われるようになるにつれ、ブラックボックス批判が高まっている。だが、AIをただ「説明可能」にするだけでは不十分だ。 Douglas Heaven3年前
  6. フェイスブック、新型コロナウイルスに関するデマを削除
    フェイスブックは、コロナウイルスに関する虚偽の主張、特に治療に関する危険なデマを広める投稿の削除を開始した。「漂白剤を飲むと治る」といった、誤ったアドバイスを含む投稿が対象だ。 Douglas Heaven3年前
  7. グーグル、どんな会話もできる「最高」のチャットボットを発表
    グーグルはニューラル・ネットワークを利用したチャットボット「ミーナ(Meena)」を発表した。同社は、ミーナが他の既存のチャットボットよりも優れていると主張している。 Douglas Heaven3年前
  8. 知性を宿す機械
    IBMは、「論証マイニング」と呼ばれる手法を用いて、多くの情報源を検索し、あらゆる根拠を使って議論を組み立てられる人工知能(AI)システムを構築している。議論を通じて人々とコミュニケーションを取れるバーチャル・アシスタントは、人々がより良い意思決定を下すのに大いに役立つだろう。 Douglas Heaven3年前
  9. 地図不要で「ほぼ最短」ルートを移動、FBが新アルゴリズム
    不慣れな環境でも最短のルートを見付け、自宅や職場で働くロボットへの道が開かれる。そんなアルゴリズムが開発された。 Douglas Heaven3年前
  10. 生きた細胞の微小ロボ、進化的アルゴリズムで開発
    「ゼノボット(xenobot)」は、カエルの胚から摘出した細胞を使って作られた生きている小さなロボットだ。1つ1つは直径1ミリメートル未満だが、中には2つの太くて短い肢を使って水中を進んだり、小さな荷物を運べる袋のようなものを持っていたりするものがある。 Douglas Heaven3年前
  11. 持続可能エネルギー
    携帯電話や無線機器の無線信号を利用して天気予報の精度向上を目指すスタートアップ企業「クライマセル」が注目されている。きめ細かいデータを集めることで、従来の手法よりも60%以上正確だと主張している。 Douglas Heaven4年前
  12. 知性を宿す機械
    あふれ出る大量の廃棄物を効率よくリサイクルすることが求めらる中、MITの研究チームは、コンベアを流れる廃棄物をつかみ取って触れることで、それぞれの材料を識別する触覚ベースのセンサーを備えたロボットを開発した。 Douglas Heaven4年前
  13. 生命の再定義
    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代わって患者を診断する人工知能(AI)チャットボットのアプリを利用している。AIが診断することで、自己治療で済む人々が病院に行かなくなり、医師の過重労働を軽減し、医療コストを削減できるという。 Douglas Heaven4年前
  14. コネクティビティ
    ビットコインに代表される暗号通貨の犯罪利用(クリプトクライム)が後を絶たない。いまのところ犯罪者が優位な立場にあるが、暗号通貨の世界を安全なものにしようと取り組む研究者たちによって、状況は少しずつ変わりつつある。 Douglas Heaven5年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る