KADOKAWA Technology Review
×
ジェシカ・ヘンゼロー 35 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」を利用した治療法が2022年、大きな一歩を踏み出した。遺伝子編集技術を利用した治療法は、このまま一般に普及していくのだろうか。 Jessica Hamzelou5日前
  2. 生命の再定義
    時差ぼけ、夜勤——概日時計の狂いを調整する薬は実現するか?
    ヒトの身体は、大まかに24時間周期のリズムに従って動いている。24時間周期のリズムを作り出すのが「概日時計」だ。概日時計を薬で調節できたら、シフト勤務や時差ぼけでリズムを崩しやすい人々にとって朗報となるだろう。 Jessica Hamzelou12日前
  3. 生命の再定義
    ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
    遺伝子編集によってワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生した。病気への抵抗力が高く、養殖における死亡率を下げ、廃棄量を減らせる可能性があるという。Jessica Hamzelou16日前
  4. 生命の再定義
    「腸内細菌の生態系」は健康や長寿にどう影響するのか?
    マイクロバイオームの変化は、さまざまな病気に関連しているとされる。腸内細菌の生態系を整えることは、加齢に伴う病気を防ぐのに役立つのだろうか。 Jessica Hamzelou22日前
  5. 生命の再定義
    メッセンジャーRNAワクチンは、新型コロナウイルスのパンデミックを乗り切る上で欠かせないものだった。しかしmRNAの可能性はそれだけではない。他の多くの感染症に対応するワクチンや、あらゆるインフルエンザから人体を守るワクチン、さらにはがんの治療に役立つワクチンも開発できる可能性がある。 Jessica Hamzelou25日前
  6. 生命の再定義
    セレブ限定「抗老化」会議に参加した記者が得たシンプルな結論
    記者はスイス・アルプスの高級リゾート地で開かれた「長寿投資家会議」に参加した。研究者や起業家、投資家らが参加し、人間の寿命を延ばす方法について研究成果が発表された。しかし、老化に対抗する確実な技術は今のところ存在しない。 Jessica Hamzelou26日前
  7. 生命の再定義
    最低でも1000万ドルを投資する用意がある人だけが参加できるという、抗老化(アンチエイジング)カンファレンスが2022年9月末にスイスで開かれた。学術的成果を挙げている科学者、誇大広告を振りかざす人物などが入り乱れた様子をレポートする。 Jessica Hamzelou31日前
  8. 生命の再定義
    1日のほとんどを睡眠に費やす赤ちゃん、脳では何が起きているのか
    新生児はなぜ、それほど長い睡眠を必要とするのか。新たなツールは、急速に発達する新生児の脳の中で何が起きているのかを明らかにするのに役立つかもしれない。 Jessica Hamzelou37日前
  9. 生命の再定義
    死後に子孫を残す、「性細胞提供カード」が必要になる日
    亡くなった人から採取した精子や卵子を使って子どもを作ることができる。だが、死後の人物がその意志を示すことはできない。どのようにすべきだろうか。 Jessica Hamzelou40日前
  10. 生命の再定義
    本当は何歳? 記者が生物学的年齢を調べてもらった結果
    生物学的年齢は、健康寿命があと何年残っているのかを示す手がかりを与えてくれるものだ。野菜中心の食生活を送り、定期的にヨガに勤しんでいる記者は、平均的な人よりも生物学的年齢が若いと信じていた。ところが検査の結果は意外なものだった。 Jessica Hamzelou41日前
  11. 生命の再定義
    科学者たちは近いうちに、ヒトの皮膚や血液の細胞から卵子や精子を作れるようになるかもしれない。子どもを授かるための新しい方法になるとの歓迎する声もある一方、それが将来どのような意味を持つのか? 議論すべき点は多い。 Jessica Hamzelou55日前
  12. 生命の再定義
    遺伝子疾患を持つ胎児に出生前治療、倫理的問題点は?
    遺伝子疾患を持つ胎児を対象とした治療の症例が報告された。治療開始を早めることで、やがて子どもへと成長する胎児のQOLを改善できる可能性を高めらるのが狙いだ。胎児に実験的治療を試すことには倫理的課題は何か? Jessica Hamzelou59日前
  13. 生命の再定義
    個人に合わせた脳への電気刺激、うつ病の有望な治療法になる?
    脳の活動を追跡して最適化してくれる埋め込み式の機器の開発が進んでいる。脳に電極を埋め込んで脳の信号を読み取り、うつ状態に向かいそうなときには電気刺激を与えて脳の活動を正常化するというものだ。 Jessica Hamzelou76日前
  14. 生命の再定義
    「親」とは何か? 生殖医療技術の進歩が問う親子の関係
    生殖医療技術の進歩により、遺伝的な親が4人以上いる子どもが生まれるかもしれない。「親であること」の本当の意味を考え直す必要がありそうだ。 Jessica Hamzelou82日前
  15. 持続可能エネルギー
    研究室育ちの「培養肉」が食卓に届く日はやってくるか?
    人工的に培養した代替肉の研究が世界中で進んでいる。ただ、解決の目処が立っていない課題は少なくない上に、人工培養肉が消費者に受け入れられるかどうかも疑問だ。 Jessica Hamzelou3カ月前
  16. 生命の再定義
    人間の脳細胞を移植されたラットはただのラットと呼べるのか?
    「人間の脳細胞を移植された動物は、人間に近い存在になり、より道徳上保護されるべき存在になるかもしれない」。このように予測する科学者もいる。考えを進めると、人間のクローンを作るという話にまで到達してしまう可能性がある難しい問題だ。 Jessica Hamzelou3カ月前
  17. 生命の再定義
    新型コロナとインフルエンザの「ツインデミック」到来に備えよ
    北半球がインフルエンザ・シーズンに突入しようとしている今、新型コロナウイルスの感染者数も再び増加傾向に。「ツインデミック」の到来が懸念される。 Jessica Hamzelou3カ月前
  18. 生命の再定義
    人間の神経細胞をラットに移植、脳の6分の1にまで成長
    スタンフォード大学の研究チームは、実験室で培養したヒトの神経細胞の塊(オルガノイド)を生まれたばかりのラットの脳に移植し、ラットと共に成長することを示した。研究チームは人間の脳・神経疾患の研究に役立つとしている。 Jessica Hamzelou4カ月前
  19. 生命の再定義
    中国・インドで新型コロナの吸入型ワクチン、その効果は?
    鼻や口から吸入する新型コロナワクチンが中国とインドで相次いで承認された。従来の注射型ワクチンとの併用による効果が期待されているが、まだ疑問点は多い。 Jessica Hamzelou4カ月前
  20. 生命の再定義
    重度の肝疾患を患う人がまもなく、かつてない治療を受ける。機能しなくなった本人の肝臓の代わりとなるミニ肝臓を体内で育てるという治療だ。ライジェネシス(LyGenesis)という企業の研究者は肝臓で上手くいったら胸腺、膵臓といった臓器を同じ手法で体内に作り出すことを考えている。 Jessica Hamzelou5カ月前
  21. 生命の再定義
    脳に埋め込んだ電極で、海馬の活動を模倣する刺激を与えることにより、被験者の記憶力が向上する研究成果が米国の南カリフォルニア大学とウェイクフォレスト大学らの研究チームによって発表された。記憶障害のある人向けの補装具として利用可能になるかもしれない。 Jessica Hamzelou5カ月前
  22. 生命の再定義
    ロンドン下水からポリオウイルス、ブースター接種始まる
    ロンドンの下水からポリオウイルスが検出されたことを受けて、子どもを対象にしたポリオワクチンのブースター接種が実施されている。英国では野生型ポリオウイルスは撲滅されたはずだが、一体、何が起こっているのだろうか。Jessica Hamzelou5カ月前
  23. 生命の再定義
    「人間の一番の友達」と言われる犬の寿命を伸ばす老化防止薬の臨床試験が進行中だ。研究を進める愛犬家の研究者たちは、犬の寿命を延ばすことができれば、研究成果を応用し、人間が健康で長生きする方法につながると考えている。 Jessica Hamzelou5カ月前
  24. 生命の再定義
    トランス男性が、苦痛を伴う体外受精(IVF)の手順を踏む必要なく、子どもを持てる可能性を示す研究がベルギーのゲント大学の研究者によって発表された。実験室で成熟させた卵子に「3人親」の手法を使うことで、子宮に移植できる胚を作れるかもしれない。Jessica Hamzelou5カ月前
  25. 生命の再定義
    脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
    年を取るとだれもが記憶力が低下することは避けられない。だが、脳の特定の部位に電気パルスを送ることで、高齢者の記憶力が向上することを示す研究成果がボストン大学の研究チームから発表された。 Jessica Hamzelou5カ月前
  26. 生命の再定義
    サル痘ワクチンの効果は? 供給は? 現時点で分かっていること
    世界的に流行が拡大しているサル痘には、3種類の天然痘向けワクチンが有効とされている。これらのワクチンはどの程度効果があるのか?また世界的な供給は足りているのか? 識者に話を聞いた。 Jessica Hamzelou6カ月前
  27. 生命の再定義
    原因不明の急性肝炎が子どもに急増、パンデミックとの関連は?
    原因不明の急性肝炎が、子どもたちの間で急増している。4月にスコットランドで最初の症例が見つかり、7月8日時点では35カ国で1010件が報告されている。最新の研究で、ウイルス、遺伝子、都市封鎖のすべてが関わっている可能性が示唆された。Jessica Hamzelou6カ月前
  28. 生命の再定義
    バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
    米国の研究チームがバッタの脳を使って、「匂い」からがんを検出することに成功した。がんのスクリーニングやデバイスの開発に発展する可能性がある新研究だ。 Jessica Hamzelou8カ月前
  29. 生命の再定義
    新型コロナウイルス感染症で死亡するリスクが高いのは高齢者だ。そこで、免疫系を若返らせたり、老化細胞を除去したりするアンチエイジング医薬品を使った治療法が試されている。Jessica Hamzelou9カ月前
  30. 生命の再定義
    英エディンバラ大学の研究チームは、テストステロン療法を受けているトランスジェンダー男性の卵巣から卵子を採取し、体外で成熟させることに成功した。 この手法はトランス男性に対してだけでなく、不妊に悩む人たちにも役立つ可能性がある。 Jessica Hamzelou9カ月前
  31. 生命の再定義
    MITテクノロジーレビューが発表した「ブレークスルー・テクノロジー10」の読者投票(米国版)で、もっとも多くの読者から「次に来るテクノロジー」として挙げられたのが「老化時計(エイジング・クロック)」だ。研究はまだ道半ばだが、いずれ健康状態を把握する指標として健康診断で利用されるかもしれない。 Jessica Hamzelou10カ月前
  32. 生命の再定義
    子どもを襲う「ロング・コビッド」今取り組むべきことは?
    新型コロナウイルス感染症の影響を受けているのは大人だけではない。重症化しづらいとされる子どもたちもまた、後遺症と見られる疾患に苦しんでいる。今できることは何だろうか。Jessica Hamzelou10カ月前
  33. 生命の再定義
    ロシア軍は現在、ウクライナ国内の2つの原子力発電所を占拠している。今後懸念されるリスクについて、チェルノブイリの事故対応にも関わったウクライナ国立放射線医学研究所の専門家が現地から語った。Jessica Hamzelou10カ月前
  34. 生命の再定義
    「とても楽だよ」脳インターフェイスで意思を伝えた全身麻痺患者
    意識はあるが全身麻痺状態にある男性が、脳に取り付けた電極を使って文章でコミュニケーションを取ることに成功した。男性はスープやビールを注文し、家族と息子について話すことさえできるようになった。世界初の快挙だ。 Jessica Hamzelou10カ月前
  35. 生命の再定義
    サイケデリックス薬は脳にどう影響?自然言語処理で探る新研究
    マギル大学の研究チームは、薬物使用経験者の体験談の大量の文書を自然言語処理で分析することで、薬物が脳に及ぼす影響を特定しようとしている。精神疾患を治療するより良い医薬品の開発につながるのだろうか。Jessica Hamzelou11カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る