KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
ジェシカ・ヘンゼロー 78 Stories
プロフィールを見る
  1. 生物工学/医療
    不妊治療技術が少子化対策の万能薬にはならない理由
    体外受精(IVF)などの不妊治療技術は、子どもを持てないとあきらめていた人々の救いとなっている。だが、少子化危機の解決策としては、これらのテクノロジーだけでは十分ではない。 Jessica Hamzelou20時間前
  2. 人工知能(AI)
    人間よりも優秀な「AIうそ発見器」は社会に何をもたらすか?
    ドイツの大学の研究チームが、うそを見抜く能力が人間よりも格段に高いツールを開発した。だが、AIうそ発見器の利用は、人間の行動の基盤となる信頼や社会的な絆を壊す可能性がある。 Jessica Hamzelou13日前
  3. 生物工学/医療
    生成AI時代のゲームは神経科学の研究にどう役立つか?
    神経科学者や心理学者は以前から人間の心を研究するためにビデオゲームを活用してきた。大規模言語モデルを活用したAIビデオゲームは、さらに多くの謎を解くツールとなり得るのか。 Jessica Hamzelou16日前
  4. 生物工学/医療
    SNSに「有害ラベル」を、 米公衆衛生局長官の主張の根拠は?
    ソーシャルメディアには健康への害を示す警告文を表示するべき、と主張する米公衆衛生局長官の記事が米紙に掲載された。直感的に共感する人も多そうだが、明確なエビデンスがないこともまた事実だ。 Jessica Hamzelou27日前
  5. 生物工学/医療
    長寿クリニックは、主に富裕層を対象にさまざまな高額なサービスを提供しており、なかには怪しげなものもある。最近では、長寿医学の治療行為を正当な医学分野として確立し、ゆくゆくは大衆化させようとする動きが出てきた。 Jessica Hamzelou4カ月前
  6. 生物工学/医療
    有効な治療法が確立されていない難病患者にとって、遺伝子編集を伴う実験的治療法は生存を賭けた大きなチャンスとなる。リスクがあっても治療を切望する患者は少なくないが、「試す権利」の決定には複雑な問題が絡んでいる。 Jessica Hamzelou6カ月前
  7. 生物工学/医療
    脳インプラントから抗老化まで、医学・生物工学の話題を振り返る
    医学・生物工学のさまざまな最新トピックを紹介してきた記者が、過去10カ月の記事を振り返り、印象に残っているものを紹介する。 Jessica Hamzelou11カ月前
  8. 生物工学/医療
    マイクロプラスチックは人体にどう影響するのか
    マイクロプラスチックは、飲み水、血液、そして地球上で自然のままの姿を保っていると思われている場所にさえも現れている。マイクロプラスチックが人間にどのような影響をもたらしているかを知ることは重要だ。 Jessica Hamzelou11カ月前
  9. 生物工学/医療
    バイオテクノロジー企業「イー・ジェネシス(eGenesis)が、遺伝子編集したブタの心臓をヒヒの赤ちゃんに移植する実験を実施している。早ければ来年にも、重篤な心疾患を抱えるヒトの乳幼児にブタの心臓を移植したい考えだ。 Jessica Hamzelou12カ月前
  10. 生物工学/医療
    遺伝子編集済みマイクロバイオーム、人間の健康にどう役立つか
    CRISPR技術を使って微生物を改変する研究が進んでいる。改変した微生物をヒトの腸内に住みつかせて健康維持に役立つ物質を分泌させたり、ウシが吐き出す温室効果ガスであるメタンの量を減らしたりすることが狙いだ。 Jessica Hamzelou12カ月前
  11. 生物工学/医療
    新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
    WHOが緊急事態の終了を宣言し、報告される感染者数が激減するなど、長く続いたパンデミックが収束化している。だが、ウイルスが消え去ったわけでもなく、多くの問題も残っている。現状を整理してみよう。 Jessica Hamzelou12カ月前
  12. 生物工学/医療
    薬剤耐性対策で「ファージ」がいま再注目される理由
    細菌に感染するウイルス「ファージ」は100年以上前に発見されたが、抗生物質が広く普及したため見向きもされなくなっていた。だが、薬剤耐性の問題が深刻化する今、ファージが脚光を浴びつつある。 Jessica Hamzelou13カ月前
  13. 生物工学/医療
    健康改善のヒントは便の微生物から?
    ヒトが食べたものは腸内のマイクロバイオームの状態を変化させる。便から採取したマイクロバイオームを分析することで、その人に合わせた健康改善へのアドバイスを作れるかもしれない。 Jessica Hamzelou13カ月前
  14. 生物工学/医療
    高級リゾートに集う、長寿国家の創設を熱望する人たち
    モンテネグロの高級リゾート地で、長寿を追及する人たちが集まる長期イベントが開催された。数日間だけ現地で参加した記者の感想をお届けする。 Jessica Hamzelou13カ月前
  15. 生物工学/医療
    「生まれてからでは手遅れ」胎児への手術は新たな選択肢になるか
    胎児を対象にした脳外科手術の成功が先月、報じられた。胎児は脳血管に致命的な奇形があり、誕生後すぐに命に関わる重篤な状態に陥る可能性があった。今後、別の症状についても子宮内で治療できる可能性があるという。 Jessica Hamzelou13カ月前
  16. 生物工学/医療
    人生を変えた脳インプラント、試験終了後の被験者に残されたもの
    脊髄損傷を負った男性が、脳にインプラントを埋め込む臨床試験に参加した。装置のおかげで手を動かせるようになった彼は、「人生が変わった」と語る。だが試験終了後、装置を取り外した今、彼は何を思っているのか。 Jessica Hamzelou14カ月前
  17. 生物工学/医療
    メーカーの倒産によって脳インプラントの除去を余儀なくされたてんかん患者の女性は、大きな喪失感を経験した。今後数年で脳インプラント市場が拡大し、手術を受ける人が増えるほど、切実な問題になる可能性がある。 Jessica Hamzelou14カ月前
  18. 生物工学/医療
    モンテネグロに期間限定で出現した街を一時的な拠点とし、老化を遅らせたり逆転させたりするためのバイオハックや医薬品開発の規制緩和を奨励する法域を作る計画が討論された。 Jessica Hamzelou14カ月前
  19. 人工知能(AI)
    医療AIの落とし穴、医師が「信じすぎる」問題に解決策は?
    医療の現場に人工知能(AI)がますます導入されるにつれ、医師がAIの診断を信用するあまり、「AIパターナリズム」に陥る可能性がでてきた。私たちはAIの判断をどこまで受け入れればよいのだろうか。 Jessica Hamzelou14カ月前
  20. 生物工学/医療
    マイクロプラスチックが海鳥の腸内細菌に影響、人体の場合は?
    マイクロプラスチックは、今や地球上のあらゆるところに存在し、人間や動物の体内にも残留している。海鳥を対象に実施された新たな研究では、腸内細菌叢に影響を及ぼす可能性が明らかになった。人間に悪影響を与えることはあるのだろうか。 Jessica Hamzelou14カ月前
  21. 生物工学/医療
    新型コロナの起源めぐる「タヌキ騒動」が意味すること
    新型コロナウイルスの起源に関する論争が3月下旬、再燃した。新型コロナウイルスを持ち込んだのがタヌキである可能性があるというものだ。 Jessica Hamzelou15カ月前
  22. 生物工学/医療
    子宮内の胎児の脳外科手術に成功、出産後の手遅れ防ぐ
    命にかかわる脳の疾患を持つ赤ちゃんに対し、生まれる前の外科手術が米国のボストン小児病院らのチームによって実施された。手術は成功し、赤ちゃんは現在、元気に生後7週目を迎えている。 Jessica Hamzelou15カ月前
  23. 生物工学/医療
    思考盗聴も現実になる? 脳データ収集の倫理的問題点
    脳の活動状態を示すデータを取得できる消費者向けの機器が登場し、活用が始まりつつある。だが、脳活動を示すデータから、思考を推測されるなど、危険な事態を招く可能性はないのだろうか。 Jessica Hamzelou15カ月前
  24. 生物工学/医療
    「生物学的に老けている」と言われたら何をすべきか?
    生物学的年齢を割り出す「老化時計」はどの程度、信用できるのだろうか。そして、その測定結果を受けて私たちは何をするべきなのだろうか。 Jessica Hamzelou15カ月前
  25. 生物工学/医療
    実はほとんど分かっていない、化学物質の人体への影響
    化学汚染物質が人体に悪影響を与えることは明らかだと思う人が多いだろう。しかし実際には、分かっていないことが多い。 Jessica Hamzelou15カ月前
  26. 生物工学/医療
    200人以上が受けたCRISPR治療、国際サミットで議論されたこと
    3月にロンドンで開催されたヒトゲノム編集国際サミットでは、進行中の治験の成果がいくつも報告された。臨床現場への早期投入も期待されるが、費用が大きな問題となっている。恩恵を受けられる人々の大部分は貧しい国で暮らす一方、治療されるのは経済的に豊かな国の人ばかりだ。 Jessica Hamzelou15カ月前
  27. 生物工学/医療
    ゲノムを改変した微生物でがん治療、マウス実験で効果を確認
    私たちは周りに存在する微生物の遺伝子を改変して、病気の治療に役立てようとする研究が進んでいる。マウスによる実験では、この手法によってがん細胞の増殖を抑えられるという結果が得られた。 Jessica Hamzelou15カ月前
  28. 生物工学/医療
    「合成胚」の実験はどこまで認められるのか?
    卵子と精子を使わずに作られる合成胚がますます本物に近づいていることで、厄介な倫理問題が浮上している。その1つに、ヒト胚に対する実験を14日間に制限するルールを適用すべきかどうかがある。 Jessica Hamzelou15カ月前
  29. 生物工学/医療
    ES細胞から作成した人工胚、サルの子宮へ移植
    中国の研究チームが、サルのES細胞(胚性幹細胞)から「人工胚」を作成し、サルの子宮に移植して妊娠したような反応を作り出すことに成功した。今回は途中で発達が止まったが、いずれは胎児にまで成長するかもしれない。 Jessica Hamzelou16カ月前
  30. 生物工学/医療
    犯罪的と非難された「3人の親」不妊治療が再注目される理由
    重篤な遺伝性疾患を防ぐための「3人の遺伝的親を持つ赤ちゃん」の手法を不妊治療に用いることは、科学者から批判を浴びてきた。だが、最近の臨床試験によって風向きは変わりつつある。 Jessica Hamzelou16カ月前
  31. 生物工学/医療
    脳データを活用した治療、プライバシーをどう考えるべきか?
    脳に埋め込んだ電極から脳の状態を読み取り、必要に応じて電流を流して刺激する治療法の研究が進んでいる。だが、電極から読み取ったデータが治療のためだけに使われるとは限らない。脳のデータの使用方法、保護方法についても考え始めることが重要だ。 Jessica Hamzelou16カ月前
  32. 生物工学/医療
    うつ病を抱えるボランティアの脳に14本の電極を埋め込み、電極が出力する情報から人の「気分」を解き明かす研究が進んでいる。電気刺激を送り続けることで症状を抑える取り組みも進んでいるが、治療法として普及させるには課題も多い。 Jessica Hamzelou16カ月前
  33. 生物工学/医療
    ニューロテクノロジー高まる期待、「侵襲的」の線引きは?
    うつ病などの治療を目的に、さまざまなニューロテクノロジーの手法が研究されている。脳を切開して電極を埋め込む方法は「侵襲的」とされる一方で「非侵襲的」とされる治療法は本当にすべてが非侵襲的ではないのだろうか。 Jessica Hamzelou16カ月前
  34. 生物工学/医療
    「ミトコンドリア病」という重篤な遺伝疾患を防ぐ手段としての「3人の親」から子どもを作る手法は、完全な対策にはならないことが明らかになりつつある。 Jessica Hamzelou16カ月前
  35. 生物工学/医療
    「魔法の薬」は効くか? バブル化する幻覚剤研究への期待と批判
    幻覚剤の研究が注目を浴びている。うつ病や不安症などの精神疾患に加えて、最近では「肥満の治療に効く」との論文も発表された。期待の一方で、過剰な「宣伝バブル」との批判も多い。 Jessica Hamzelou16カ月前
  36. 生物工学/医療
    高コレステロールのCRISPR治療:世界を変える10大技術 2023年版
    これまで遺伝子編集ツール「CRISPR」による治験は、希少な遺伝性疾患に限られていた。だが、CRISPRの新たな手法により、今後は、通常疾患の治療にも適用されるようになるかもしれない。 Jessica Hamzelou17カ月前
  37. 生物工学/医療
    保険化する「卵子凍結」ビジネス、透明性向上が不可欠
    将来子どもを持ちたいと考える女性の一部が、自身の卵子を凍結保存する道を選んでいる。だが、卵子凍結の成功率は多くの女性が考えているよりも低く、正確な情報を得るのは簡単ではない。 Jessica Hamzelou17カ月前
  38. 生物工学/医療
    臓器と引き換えに刑期短縮、米マサチューセッツ州の法案が物議
    臓器移植用の臓器や骨髄を提供することで、囚人の刑期を短縮するという改正法案が米国マサチューセッツ州で提出された。臓器提供者の増加が狙いだが、医学的・倫理的な問題点が指摘され、物議を醸している。 Jessica Hamzelou17カ月前
  39. 生物工学/医療
    鳥インフルエンザ、「次のパンデミック」を心配する必要はあるか?
    鳥インフルエンザによる被害が広がっている。鳥だけでなく、哺乳類の間でも流行し始めている。ヒトの間でも大流行が発生する可能性はあるのだろうか。 Jessica Hamzelou17カ月前
  40. 生物工学/医療
    遺伝子編集した肉や魚がスーパーに並ぶ日がやってくる?
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」は医療分野での応用が期待されているが、家畜や魚の品種改良に応用する研究も盛んだ。遺伝子編集を施した食肉や鮮魚が店頭に並ぶ日は近いのだろうか。 Jessica Hamzelou18カ月前
  41. 生物工学/医療
    下水監視は「サイレント・パンデミック」への備えになるか
    下水には人間の健康に関する情報が大量に含まれている。下水監視は小規模な試みにとどまっていたが、新型コロナのパンデミックによって状況は変わった。抗生物質への耐性を持つ細菌による「サイレント・パンデミック」対策にも活用できるかもしれない。 Jessica Hamzelou18カ月前
  42. 生物工学/医療
    脳で何が起こっているかを1週間にわたって観察した研究により、脳は混沌状態と安定状態の間に存在することが示された。いつの日か、脳刺激を用いて、脳を両極端の間にある最良の状態に調整できるようになるかもしれない。 Jessica Hamzelou18カ月前
  43. 生物工学/医療
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」を利用した治療法が2022年、大きな一歩を踏み出した。遺伝子編集技術を利用した治療法は、このまま一般に普及していくのだろうか。 Jessica Hamzelou2年前
  44. 生物工学/医療
    時差ぼけ、夜勤——概日時計の狂いを調整する薬は実現するか?
    ヒトの身体は、大まかに24時間周期のリズムに従って動いている。24時間周期のリズムを作り出すのが「概日時計」だ。概日時計を薬で調節できたら、シフト勤務や時差ぼけでリズムを崩しやすい人々にとって朗報となるだろう。 Jessica Hamzelou2年前
  45. 生物工学/医療
    ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
    遺伝子編集によってワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生した。病気への抵抗力が高く、養殖における死亡率を下げ、廃棄量を減らせる可能性があるという。 Jessica Hamzelou2年前
  46. 生物工学/医療
    「腸内細菌の生態系」は健康や長寿にどう影響するのか?
    マイクロバイオームの変化は、さまざまな病気に関連しているとされる。腸内細菌の生態系を整えることは、加齢に伴う病気を防ぐのに役立つのだろうか。 Jessica Hamzelou2年前
  47. 生物工学/医療
    メッセンジャーRNAワクチンは、新型コロナウイルスのパンデミックを乗り切る上で欠かせないものだった。しかしmRNAの可能性はそれだけではない。他の多くの感染症に対応するワクチンや、あらゆるインフルエンザから人体を守るワクチン、さらにはがんの治療に役立つワクチンも開発できる可能性がある。 Jessica Hamzelou2年前
  48. 生物工学/医療
    セレブ限定「抗老化」会議に参加した記者が得たシンプルな結論
    記者はスイス・アルプスの高級リゾート地で開かれた「長寿投資家会議」に参加した。研究者や起業家、投資家らが参加し、人間の寿命を延ばす方法について研究成果が発表された。しかし、老化に対抗する確実な技術は今のところ存在しない。 Jessica Hamzelou2年前
  49. 生物工学/医療
    最低でも1000万ドルを投資する用意がある人だけが参加できるという、抗老化(アンチエイジング)カンファレンスが2022年9月末にスイスで開かれた。学術的成果を挙げている科学者、誇大広告を振りかざす人物などが入り乱れた様子をレポートする。 Jessica Hamzelou2年前
  50. 生物工学/医療
    1日のほとんどを睡眠に費やす赤ちゃん、脳では何が起きているのか
    新生児はなぜ、それほど長い睡眠を必要とするのか。新たなツールは、急速に発達する新生児の脳の中で何が起きているのかを明らかにするのに役立つかもしれない。 Jessica Hamzelou2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る