KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
ジェシカ・ヘンゼロー 8 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
    米国の研究チームがバッタの脳を使って、「匂い」からがんを検出することに成功した。がんのスクリーニングやデバイスの開発に発展する可能性がある新研究だ。 Jessica Hamzelou13日前
  2. 生命の再定義
    新型コロナウイルス感染症で死亡するリスクが高いのは高齢者だ。そこで、免疫系を若返らせたり、老化細胞を除去したりするアンチエイジング医薬品を使った治療法が試されている。Jessica Hamzelou45日前
  3. 生命の再定義
    英エディンバラ大学の研究チームは、テストステロン療法を受けているトランスジェンダー男性の卵巣から卵子を採取し、体外で成熟させることに成功した。 この手法はトランス男性に対してだけでなく、不妊に悩む人たちにも役立つ可能性がある。 Jessica Hamzelou62日前
  4. 生命の再定義
    MITテクノロジーレビューが発表した「ブレークスルー・テクノロジー10」の読者投票(米国版)で、もっとも多くの読者から「次に来るテクノロジー」として挙げられたのが「老化時計(エイジング・クロック)」だ。研究はまだ道半ばだが、いずれ健康状態を把握する指標として健康診断で利用されるかもしれない。 Jessica Hamzelou78日前
  5. 生命の再定義
    子どもを襲う「ロング・コビッド」今取り組むべきことは?
    新型コロナウイルス感染症の影響を受けているのは大人だけではない。重症化しづらいとされる子どもたちもまた、後遺症と見られる疾患に苦しんでいる。今できることは何だろうか。Jessica Hamzelou83日前
  6. 生命の再定義
    ロシア軍は現在、ウクライナ国内の2つの原子力発電所を占拠している。今後懸念されるリスクについて、チェルノブイリの事故対応にも関わったウクライナ国立放射線医学研究所の専門家が現地から語った。Jessica Hamzelou3カ月前
  7. 生命の再定義
    「とても楽だよ」脳インターフェイスで意思を伝えた全身麻痺患者
    意識はあるが全身麻痺状態にある男性が、脳に取り付けた電極を使って文章でコミュニケーションを取ることに成功した。男性はスープやビールを注文し、家族と息子について話すことさえできるようになった。世界初の快挙だ。 Jessica Hamzelou3カ月前
  8. 生命の再定義
    サイケデリックス薬は脳にどう影響?自然言語処理で探る新研究
    マギル大学の研究チームは、薬物使用経験者の体験談の大量の文書を自然言語処理で分析することで、薬物が脳に及ぼす影響を特定しようとしている。精神疾患を治療するより良い医薬品の開発につながるのだろうか。Jessica Hamzelou4カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る