KADOKAWA Technology Review
×
特集:AI最前線<br>人工知能は社会と人類をどう変えるか?
特集:AI最前線
人工知能は社会と人類をどう変えるか?
12 Stories

3度目の人工知能(AI)ブームがかつてないほど熱を帯びている。医療や自動運転など特定領域での目覚しい進歩に期待が高まる一方で、AIが人間の仕事を奪い、失業者が街に溢れたり、制御不能になったAIが社会に混乱をもたらしたりする、最悪のシナリオを予測する人もいる。
AIが社会や人類に与えるインパクトとは何か? 現在のAIが抱える現実的な課題とは何か? 最前線にいる研究者、今や先進国となった中国の動向、自動化の影響をいち早く受けたインドの現状を取材し、社会と人類の未来を占う。

  1. To see what makes AI hard to use, ask it to write a pop song
    AIはどこまで人と協働できるか、AIソング・コンテストの試み
    近い将来における人工知能(AI)の有用性は、人間とAIがそれぞれの強みを生かしながら協働することによって得られると考えられている。しかし、少なくとも現時点では、人間とAIのコラボレーションが容易でないことは、「AIソング・コンテスト」の審査員や受賞者の声を聞けば明らかだ。 Will Douglas Heaven13カ月前
  2. The AI Issue
    人工知能についていま、 考えなければならないこと
    人工知能(AI)に対する脅威がまことしやかにささやかれているが、AIはまだ幼年期にあるに過ぎない。人間が手にする新たなツールが、人間をどのように変え得るかについては慎重に考える必要がある。Brian Bergstein4年前
  3. India Warily Eyes AI
    インドの花形産業であるIT業界で、大量解雇の嵐が吹き荒れている。自動化や人工知能(AI)が人間の雇用を奪うのではないかという懸念はどの国にもあるが、コンピュータが取って代わりやすい定型作業で成長してきたインド特有の事情が問題を深刻にしている。 Samanth Subramanian4年前
  4. China’s AI Awakening中国 人工智能 的崛起
    中国は官民挙げてAIの開発、実用化に取り組み、世界のリーダーになろうとしている。AIによる雇用の削減などといったマイナス面に眼を向ける欧米諸国は、AIによる新しい経済や富の創造に注目すべきだ。 Will Knight4年前
  5. The Dangers of Tech-Bro AI
    殺人ロボよりも現実的なAIの脅威
    企業でのAIの展開を支援するコグニション・エックス(CognitionX)の共同設立者タバサ・ゴールドスタウは、人間が持つ無意識の先入観がAIに与える影響について危惧している。 MIT Technology Review Editors4年前
  6. How to Root Out Hidden Biases in AI
    人工知能から差別や偏見を排除できるのか?
    米国では被告人を仮釈放すべきかどうか、裁判官に助言するソフトウェアが使われている。ローンの審査や人材採用に人工知能を活用する企業もある。こうした人生を左右する決定に使われるコンピューターから、差別や偏見を排除できるのだろうか? ハーバード大学のコンピュータ科学者であるシンシア・ドゥーワーク教授は、人工知能が公平に判断していることを確認する方法を開発している。 MIT Technology Review Editors4年前
  7. Inside the Moonshot Effort to Finally Figure Out the Brain
    現在のAIは確かに大きな成果を挙げているが、人間の知能とはまだ大きな隔たりがある。AIの限界を突破するために、脳内のニューロンや神経線維で起こっていることをマッピングする1億ドルの巨大プロジェクトが米国で進行している。 M. Mitchell Waldrop4年前
  8. Fiction That Gets AI Right
    AIとの付き合い方は小説に学べ! いま押さえておきたいSF作品6つ
    人間は急速に進化するロボットやAIと、どのように付き合っていけばいいのか。このテーマは、最近になって注目され始めたわけではなく、すでに20世紀の初めから人類が考えてきたテーマである。 Brian Bergstein4年前
  9. The Seven Deadly Sins of AI Predictions
    人工知能(AI)やロボット工学の目覚ましい進歩が、私たちの未来の生活を大きく変えると言われており、仕事を失ったり、ロボットに殺されたりするのではないかと心配している人たちもいる。しかし、起こり得ないことを恐れる必要はない。MITコンピューター科学・AI研究所のロドニー・ブルックス前所長が、人々が間違った考えを持つようになった7つの理由について説明する。 Rodney Brooks4年前
  10. This Chinese Startup Wants to Know Everything about Your Body
    世界最大級のゲノム解析企業である北京ゲノミクス研究所(BGI)の元CEOが、大量の身体データを分析して、人工知能(AI)による個別健康管理を提供するスタートアップ企業を設立した。患者たちのオンラインフォーラムを運営する企業に出資したり、イスラエルの医療IT企業を買収したりして準備を進めている。 David Ewing Duncan4年前
  11. Is AI Riding a One-Trick Pony?
    深層学習と呼ばれる人工知能(AI)技術がもてはやされており、あらゆる分野で、いずれは人間の仕事を奪うかのように喧伝されている。しかし、現在のAIブームの根本を支えているのは30年前の論文で発表された技術であり、新しいブレークスルーが起こっているわけではない。 James Somers4年前
  12. Put Humans at the Center of AI
    グーグルへ転じた スタンフォード研究者が語る 次世代AIに必要なこと
    スタンフォード大学の人工知能研究所(SAIL)所長からグーグルに転じたフェイ・フェイ・リーは、次世代のAIは「人間中心」を目指すべきだという。それには文脈の理解に立ち返る必要があると指摘する。 Will Knight4年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る