1. ビジネス・インパクト
    生産性を強力に高める可能性を持つイノベーションを生み出し、今日は存在していない市場を創造する——MITテクノロジーレビューが選定した「2017年版スマート・カンパニー50」に日本企業は含まれていなかった。中国企業が8社選ばれたのとは対照的だ。スーパースター企業による世界的な支配が広がる背景を読み解けば、その理由も見えてくるはずだ。David Rotman2年前
  2. ビジネス・インパクト
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?James Surowiecki2年前
  3. ビジネス・インパクト
    米国のクイズ番組ジョパディ!で優勝して以来、IBMの機械学習システム「ワトソン」は注目を浴びている。しかし最近、ジャーナリズムでのワトソンの評判は良くない。アナリストたちは、ワトソンが実際に多くの利益を生むのだろうかと疑問を呈するようになっている。 David H. Freedman2年前
  4. ビジネス・インパクト
    グーグルの未来はテンソルフローにある
    グーグルが2年前に公開した「テンソルフロー」はAIへの熱狂的な関心を背景に、グーグルに多大な利益をもたらそうとしている。グーグルはアマゾンとマイクロソフトからシェアトップを奪うつもりだ。 Tom Simonite2年前
  5. ビジネス・インパクト
    ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。 Tom Simonite2年前
  6. ビジネス・インパクト
    AI企業へ脱皮するGE
    鍵はハイブリッド研究者
    GEはAI技術によって、2020年までに世界トップのソフトウェア・プロバイダーの一社になることを目指している。実現のカギを握るのは、2つのキャリアを持つ研究者だ。 Elizabeth Woyke2年前