KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Quantum Computing Paranoia Creates a New Industry

「問題が起きてから対応」では量子コンピューターで大惨事

強力な量子コンピューターはまだ存在しないが、セキュリティ企業は量子コンピューターから防御する準備を進めている。 by Tom Simonite2017.01.31

コンピューター・セキュリティ・ビジネスでは恐怖が売れる。2015年から、セキュリティ・イノベーション(本社マサチューセッツ州)は、世界最恐級の組織米国国家情報局(NSA)から、思わぬ支援を受けている。

これまで6年間、セキュリティ・イノベーションが模索している新たな収入源は、独自の暗号テクノロジー「NTRU」(ブラウン大学の数学者4人から獲得)のライセンスだ。NTRUはもともと量子物理学に基づくコンピューターの強力な暗号解読能力への対抗策として開発されたが、量子コンピューターは当時まだ存在せず、すぐには登場しないと見込まれ、売却されたのだ。

その後、NSAは量子コンピューティング分野の進展を受け、銀行取引等のオンライン取引を保護する暗号技術は、すぐにも量子コンピューターに耐えうるものに置き換える必要がある、と警告した。セキュリティ・イノベーションで製品管理の責任者を務めるジーン・カーターは「この時点で、量子コンピューターが現実的な脅威だと顧客を説得する必要がなくなりました。顧客が弊社に電話をかけて『助けてくれ!』と頼むようになったのです」という。

セキュリティ・イノベーションは今や、企業が量子暗号ハルマゲドンに備える計画を支援する小規模ながらも成長中の産業で一翼を担っている。

現代社会が依存している暗号を解読できる量子コンピューターの登場までには、まだまだ時間がかかるだろう。さらに暗号学のコンセンサスでは、既存の「量子セーフ」な暗号システムは、NTRUを含めて、今後も研究を続けるする必要がある。しかし、量子コンピューターが大混乱を招く可能性はあり、NSA等の政府機関が切迫した声明を出し、新市場が求められるほど事態は差し迫っているのだ

米国国立標準技術研究所(NIST)は、2 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント