1. 知性を宿す機械
    誰かを犠牲にしなければならないとしたら、誰を犠牲にするべきなのか? 究極の選択とも言える「トロッコ問題」を問う世界規模の調査で国民性の違いが浮き彫りになった。自動運転の開発ではこの結果をどう生かすべきか。 Karen Hao2年前
  2. コネクティビティ
    不祥事に揺れたウーバーの自律トラックは2018年に開花するか?
    2017年はお騒がせ企業として不名誉なニュースが続いたウーバーだが、2016年に試験運転した無人運転トラックの開発はその後も着々と進行している。主任技術者に課題と展望を聞いた。 Rachel Metz3年前
  3. コネクティビティ
    テック業界の内側でスマホやソーシャルの負の側面に目を向ける人は多くない。だが、元グーグルの「デザイン倫理学者」は、スマホ利用の長時間化は公衆衛生の危機であり、テック企業はインターネットで社会を操っているという持論を展開している。インターネットをもっと社会的に貢献できるように使えないのだろうか。 Rachel Metz3年前
  4. 知性を宿す機械
    子どもは、ロボットをロールモデルとして受け入れると判明
    懲りずに何度も挑戦するロボットと遊んだ子どもは「やればできる」精神を受け継ぐ場合があることがわかった。一方、「お願い」「ありがとう」といわずにすむアレクサのある家庭では、子どもが不作法に育つ、と不満を持つ親も現れている。 Jamie Condliffe3年前
  5. 知性を宿す機械
    テック業界6社、
    AI規制阻止に業界団体設立
    テック業界が人工知能で団結した理由は、AI規制の阻止だ。 Will Knight4年前
  6. 知性を宿す機械
    自律自動車の倫理問題
    米国は規制強める方針
    誰を殺し、誰を生かすかを自律自動車がどう判断するかの連邦規則が作られることになる。 Andrew Rosenblum4年前
  7. 知性を宿す機械
    MSナデラCEOの人工知能発言
    将来より現実はどうなのか?
    マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、差別的な人工知能の出現に警告するが、不公平なアルゴリズムがすでにあることはどうするのか? Tom Simonite4年前