1. レイラ・ピラージ(リヴァイヴ・メッド)
    患者の体内の小分子を、より多く迅速に識別できるAIベースのシステムを開発。病気の特定や新たな治療法の発見に役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  2. アンドレアス・プシュニク(チャン・ザッカーバーグ・バイオハブ)
    ウイルス性疾患の普遍的な治療法を模索する研究者のおかげで、人類は次のパンデミックに備えられるかもしれない。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  3. トニー・パン(モダン・エレクトロン)
    パンがCEOを務めるモダン・エレクトロンは、自宅で効率よく発電できるミニ発電所を作り、温室効果ガス排出量の削減に寄与しようとしている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  4. モハメド・ダウアフィ(キュア・バイオニクス)
    高機能であるだけでなく、低所得国の人々も手に入れやすい価格の義肢を開発し、自身の創業したスタートアップ企業で間もなく販売しようとしている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  5. リリー・ツァイ(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    エアコンの使い方を一変させるようなエネルギー効率の高い生地を開発。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  6. グレゴリー・エクチャン(マサチューセッツ工科大学)
    がん放射線療法の安全性と効果を高める方法を発明。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  7. リー・ジーウェイ(シャノン、浙江大学)
    グーグルとフェイスブックの両企業がリリースした新しいチャットボットでは、リーの手法が中核となっている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  8. イニオルワ・デボラ・ラジ(AIナウ研究所)
    顔認識システムの訓練に使われるデータの人種的なバイアスを研究。ラジの研究は企業に変革を迫っている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  9. シッダール・クリシュナン(マサチューセッツ工科大学)
    安く、すばやく、簡単な病気診断を実現する強力な小型センサー。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  10. アイメア・ドラン(アイルランド国立大学ゴールウェイ校)
    埋め込み型医療機器が上手くいかない主な原因のひとつである異物反応を起こさせない小型のロボット装置を開発し、「バイオ人工膵臓」の設計に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  11. カタリーナ・ヴォルツ(オッカムズレーザー)
    愛する人がパーキンソン病と診断されたことをきっかけに、機械学習を用いてその病の治療法を探究する企業を立ち上げた。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  12. レイラニ・バトル(メリーランド大学)
    従来よりも高速にデータを選別できるバトルのプログラムによって、科学者がより科学に集中できるようになる。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  13. ミゲル・モデスティーノ(ニューヨーク大学)
    化石燃料の熱を使う代わりに、AIで分析して得られた電気パルスのパターンを使って化学反応を最適化することで、化学産業の二酸化炭素排出量の削減を目指している。MIT Technology Review Editors9カ月前

  14. アビナシュ・マンジュラ ・バサワンナ(ハーバード大学)
    プラスチックによる環境破壊を食い止めるために、商業規模で生産でき、多くの石油系プラスチックと同等の耐性があり、水中においてわずか2か月で分解するバイオプラスチックを開発した。MIT Technology Review Editors9カ月前

  15. デビッド・ワーシンガー(パデュー大学)
    淡水化の一般的な方法である逆浸透法を改良してエネルギー効率および抽出効率を高めることで、世界の水不足問題に対処しようとしている。MIT Technology Review Editors9カ月前

  16. ランドール・ジェフリー・プラット(チューリッヒ工科大学)
    遺伝子のスイッチのオン・オフの変化を映像で記録するツールを開発。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  17. ジェニファー・グリック(IBMクオンタム)
    量子コンピューターがうまく機能するなら、何に使えるのだろうか? グリックはその答えを探っている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  18. ゲーナ・アルハナイ(南カリフォルニア大学)
    石油採掘施設や原子炉、淡水化プラントといったインフラへの過度の依存は、危機の際に惨事をもたらす可能性がある。アルハナイのデータ駆動型フレームワークは、国家が準備を整えるのに役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  19. ローズ・ファギー(ヒューストン大学、マサチューセッツ工科大学)
    発汗活動の微小な変化を分析することで脳の状態を監視できるスマートウォッチを開発している。MIT Technology Review Editors9カ月前

  20. ボー・リー(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    人工知能(AI)を欺こうとする「敵対的攻撃」に対抗するための新たな手法を考案し、AIをより堅牢なものにしようとしている。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  21. アレックス・ル・ルー(アイコン)
    24時間で家全体の壁面を構築できる産業用3Dプリンターを開発し、低所得層50世帯を収容する世界初の3Dプリント・コミュニティを建設している。MIT Technology Review Editors9カ月前

  22. シーホン・ワン(シカゴ大学)
    あらゆる種類の新しいデバイスを可能にすることが期待される伸縮性のあるマイクロチップを開発。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  23. ベンカット・ビスワナサン(カーネギーメロン大学)
    バッテリーのリチウム電極間に配置するハイブリッド・セパレーターを開発し、よりエネルギー密度の高いバッテリー実現への道を開いた。MIT Technology Review Editors9カ月前

  24. ズラトコ・ミネフ(IBMトーマス・J・ワトソン量子研究所)
    ボーアとアインシュタインを悩ませた量子跳躍の課題を解決し、量子コンピューティングのエラーを減少させる可能性への道を開いた。MIT Technology Review Editors9カ月前

  25. アティマ・ルイ(ヌードメーター)
    どんな肌の色の人でも、その肌に合ったファンデーションカラーを選べるAIベースのアプリを開発し、化粧品業界における薄い色の肌の偏重を正そうとしている。MIT Technology Review Editors9カ月前

  26. ドンジン・ソ(ニューラリンク)
    脳・機械インターフェイス(BMI)開発の一環として、頭蓋骨に開けた孔に収まる低消費電力ワイヤレス・コンピューターチップを設計している。MIT Technology Review Editors9カ月前

  27. アンドレイ・カルパシー(テスラ)
    カメラの画像内で何が起こっているかを全体的に理解できるニューラルネットワーク構築手法を開発し、車の自動運転機能に適用している。MIT Technology Review Editors9カ月前

  28. アナスタシア・ボルコバ(フリューロサット)
    リモートセンシングやその他の技術を使用して作物の健康状態を監視し、農家が最も必要な部分に労力を集中できるように支援するプラットフォームを開発。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  29. レベッカ・セイヴ(トゥエンテ大学、ETCソーラー)
    太陽光パネル表面の金属線が太陽光を反射してしまう問題を解決し、発電性能を向上させる技術を開発した。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  30. ナディア・ピーク(ワシントン大学)
    人々が考えることがほぼすべて実行できるような新しいモジュール式コンポーネントを開発し、可能な限り低コストで入手しやすいものにしようとしている。MIT Technology Review Editors9カ月前

  31. マニュエル・ル・ガロ(IBM基礎研究所)
    より高速でエネルギー効率が高く、高精度なコンピューティング・アーキテクチャを開発し、AIモデルの訓練における電力消費量の削減に成功した。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  32. モーガン・ベラー(フェイスブック)
    フェイスブックに入社早々、暗号通貨事業への参入を上司に提案し、自ら同事業の主要人物となった。MIT Technology Review Editors9カ月前

  33. クリスティーナ・ボヴィレ(アラレズ・バイオ)
    製造に時間がかかる「非標準アミノ酸」を、たった数日で生産できる独自の酵素を開発した。 MIT Technology Review Editors9カ月前

  34. オマー・アブディエ(マサチューセッツ工科大学)
    CRISPRを使った家庭用新型コロナウイルス検査キットの開発に挑戦している。 MIT Technology Review Editors9カ月前