KADOKAWA Technology Review
×
発明家
CATHRYN VIRGINIA
35歳未満のイノベーター35人 2020発明家
新しいタイプの電池、太陽光パネル、マイクロチップなど、未来を拓くイノベーション。

Randall Jeffrey Platt ランドール・ジェフリー・プラット (32)

所属: チューリッヒ工科大学

遺伝子のスイッチのオン・オフの変化を映像で記録するツールを開発。

ランドール・プラット助教授は、細胞内の分子イベントを経時的に記録する方法を開発した。このテクノロジーは、多くの重要な生物学的プロセスへの理解を一変させる可能性がある。

例えば、胚の発生またはがんに対する免疫応答の間に起こる分子プロセスを理解するための、現在利用できる最良のツールの1つは、RNAシーケンシング(RNA-seq)だ。RNAシーケンシングでは、生物学者が、ある瞬間的な時点における遺伝子の発現状態(どの遺伝子のスイッチがオンまたはオフになっているか)のスナップショットを作成できる。RNAシーケンシングはスナップショットを提供する一方で、プラット助教授のツールは短い映像に相当するものを記録できるので、遺伝子発現を経時的に記録し、例えば胚の発達についてもより豊かなイメージが得られるかもしれない。

「あらゆる生物学と生物医学の中核をなすのは、幹細胞のニューロンへの分化であろうと、正常なニューロンの変性であろうと、システムの遷移に注目することです」とプラット助教授は話す。「現在の研究者が経時的な遷移にどのように取り組んでいるかというと、ある時点ごとに実験を実施して、その間に起こっていることを推測しているような感じです。私はそのギャップを埋める、すなわち、遷移中に細胞に何が起こっているかを理解するためのテクノロジーを追求していました」。

プラット助教授はこのツールに大きな希望を抱いている。プラット助教授は、マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院生の時に何度も悔しさを感じた問題に対処するためにこのツールを開発した。ある研究グループによって、自閉症に関与しているように見える遺伝子の変異と欠損が特定されたが、その遺伝子が脳の発達に影響を与える正確な時期は謎のままだったのだ。

「意味のあるニューロンの欠陥を特定したい場合には、いつ、どこを、どのように観察するかを正確に見極めなければなりません」とプラット助教授は言う。「この生物学的課題こそが、私がこの記録ツールを開発した動機です」。

人気の記事ランキング
  1. How to talk to vaccine-hesitant people 「陰謀論者」で片付けない、ワクチン未接種者との対話のヒント
  2. The genius programmer says, Innovation is born from playfulness 登 大遊「イノベーションは“いんちき遊び”から生まれる」
  3. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
人気の記事ランキング
  1. How to talk to vaccine-hesitant people 「陰謀論者」で片付けない、ワクチン未接種者との対話のヒント
  2. The genius programmer says, Innovation is born from playfulness 登 大遊「イノベーションは“いんちき遊び”から生まれる」
  3. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る