KADOKAWA Technology Review
×
開拓者
CATHRYN VIRGINIA
35歳未満のイノベーター35人 2020開拓者
生分解性プラスチックや涼しさをもたらす生地、「見る」ことのできる車を実現するイノベーション。

Gregory Ekchian グレゴリー・エクチャン (32)

所属: マサチューセッツ工科大学

がん放射線療法の安全性と効果を高める方法を発明。

腫瘍細胞の死滅に必要となる放射線量は、腫瘍細胞内の酸素レベルによって異なる。酸素レベルは腫瘍細胞ごとで大きく異なるが、がん専門医は現在、酸素レベルに合わせて放射線量を調整していない。ストラテーゲン・バイオ(Stratagen Bio)のグレゴリー・エクチャン共同創業者は、個別化されたがん治療のために、腫瘍細胞の酸素レベルを読み取るセンサーを開発した。

エクチャン共同創業者は、ボストンにあるブリガム・アンド・ウイメンズ病院(Brigham and Women’s Hospital)の臨床医と話し合った結果、新しいセンサー・ツールの必要性を痛感した。彼は「高線量率小線源療法(high-dose-rate brachytherapy)」というがん治療技術を使った試作装置を開発した。この療法は、医師は1本の中空カテーテルを腫瘍に穿刺し、放射線シード(放射線を出す小さなカプセル)を送り込む。そして必要な放射線量を照射した後に取り除く。

エクチャン共同創業者の試作装置は、最近発明された酸素感受性ポリマー(重合体)の小片を改良したカテーテルの先端に取りつける。カテーテルは通常、MRIで身体のなかを透かしながら入れていくが、同時にカテーテルの先端に取りつけた酸素感受性ポリマーの陽子が励起する。酸素感受性ポリマーの陽子は、酸素が低レベルの状態に比べて、高レベルの酸素に囲まれている場合、平衡に戻る速度がかなり速い。そのため、平衡に戻る速さを利用して、腫瘍のさまざまな部位での酸素レベルの違いをマッピングできる。がん専門医はそれに基づき、放射線を照射するべき場所を特定し、もっとも効果的な照射時間や強度を調整できる。

「正常な組織を心配する必要がなければ、単に放射線を腫瘍全体に広げて照射すればいいでしょう」とエクチャン共同創業者は言う。だが、過度の放射線照射は患者を傷つけることがある。つまり、「放射線を集中して照射する場所がどこかを見つけるのが、とても重要なのです」。

エクチャン共同創業者は、7人の子宮頸がん患者の臨床試験の結果を公表する準備をしている。これはヒトを対象とした最初の試験結果だ。最終的には、自身の酸素検知手法を医療現場のニーズに幅広く活用したいと考えている。

人気の記事ランキング
  1. How to talk to vaccine-hesitant people 「陰謀論者」で片付けない、ワクチン未接種者との対話のヒント
  2. The genius programmer says, Innovation is born from playfulness 登 大遊「イノベーションは“いんちき遊び”から生まれる」
  3. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
人気の記事ランキング
  1. How to talk to vaccine-hesitant people 「陰謀論者」で片付けない、ワクチン未接種者との対話のヒント
  2. The genius programmer says, Innovation is born from playfulness 登 大遊「イノベーションは“いんちき遊び”から生まれる」
  3. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る