1. 知性を宿す機械
    専門職であり、自動化から縁遠いと考えられていた弁護士の業務にも、人工知能(AI)が入り込もうとしている。機械学習AIを使って弁護士の業務を支援するソフトウェアが登場し、AI技術を核とするリーガルテック・スタートアップ企業も勢いに乗りつつある。 Erin Winick2年前
  2. 知性を宿す機械
    「人間はアルゴリズムを信頼しすぎ」グーグルの研究者らが警鐘
    人工知能がさまざまな判断に関与するになり、アルゴリズムが持つ「偏見」の問題が無視できなくなっている。にも関わらず、企業も政府もいまだ問題の解決に関心を持っていない。 Will Knight2年前
  3. コネクティビティ
    「令状なし」の位置情報取得は憲法違反か? 米国で裁判に
    警察による携帯電話の位置情報の取得は、日本では裁判所の令状が必要だが、米国では「令状なし」で請求できる。武装強盗罪で有罪判決を受けた男性が、携帯電話記録の捜査利用は合衆国憲法修正第4条に違反する行為だと訴えている。 Jamie Condliffe2年前
  4. 持続可能エネルギー
    環境規制の緩和を目指すトランプ政権は、気候変動の経済的コストを過小評価することで、この評価値の無効化を狙っている。しかし、これまでと異なる評価値は、根拠がないとして提訴されるリスクもある。 James Temple2年前
  5. 知性を宿す機械
    ロシア警察、
    ロボットを一時拘束
    モスクワの政治集会で警察が手錠をかけようとしたのは、いつもとは別の容疑者だった。 Jamie Condliffe3年前