1. 知性を宿す機械
    他人のデバイスの処理能力を盗んで暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」が世界中で猛威を振るっている。あるセキュリティ企業によると、世界中の55%もの組織がクリプトジャッキングの影響を受けているという。 Jamie Condliffe3年前
  2. コネクティビティ
    サイバー攻撃の脅威に対する防御技術が進歩しても、ハッカーたちはそれを突破するために様々な手法で攻撃を仕掛けてくる。2018年も引き続き、企業はサイバー攻撃に対してより一層の警戒をする必要があるだろう。ここではAIを使ったハッキングや暗号通貨採掘のためのコンピュータ処理能力の窃取など、特に注意すべき6つの重大なサイバー脅威について説明する。 Martin Giles3年前
  3. コネクティビティ
    ランサムウェアよりも深刻なモノのボットネットに気をつけろ
    ワナクライに続き、新しいランサムウェアの被害が広がっている。しかしランサムウェアよりはるかに恐ろしいのが、IoT機器が乗っ取られる「モノのボットネット」による攻撃だ。 Jamie Condliffe3年前
  4. ビジネス・インパクト
    身代金被害に100万ドル、「保証つき」セキュリティ製品が人気
    相次ぐサイバーセキュリティ攻撃を背景に、企業向けのサイバーセキュリティ保険が活況だ。最近では「保証つき」のセキュリティ製品を売り出すベンダーも現れた。 Mike Orcutt3年前
  5. コネクティビティ
    世界を震撼させたワナクライ攻撃 被害の深刻化を防げた理由
    世界中を不安に陥れたランサムウェア攻撃は、幸いなことに深刻化する前に沈静化された。背景にはセキュリティ専門家の取り組みがある。 Michael Reilly3年前
  6. コネクティビティ
    ワナクライよりも稼ぐマルウェアが密かに蔓延していた
    NSAから盗まれたエクスプロイトを使った、ワナクライよりもはるかに稼いでいるマルウェアが見つかった。なんと、4月から密かに活動を続け、不当に100万ドル以上を稼いだそうだ。しかし、盗まれたエクスプロイトの実態は解明されていないので、これが終わりではない。 Jamie Condliffe and Michael Reilly3年前
  7. コネクティビティ
    ランサムウェア攻撃で再燃する米政府の責任論
    WannaCryによる大規模なサイバー攻撃が、謎に包まれた米国政府の手続きをめぐる微妙な問題を再浮上させた。政府が入手した脆弱性を公表するべきか、再び議論になっている。 Mike Orcutt4年前
  8. コネクティビティ
    Windows XPを使い続ける医療機関に「身代金」要求のリスク
    英国の多数の病院がランサムウェアの攻撃を受けた。セキュリティ意識の低い医療機関の目は覚めたかもしれないが、ランサムウェアに感染してしまうと、おとなしく振り込み要求に従う以外にほとんどなす術がないのが現状だ。 Jamie Condliffe4年前
  9. コネクティビティ
    ビットコインで身代金要求
    サンフランシスコ当局は送金せず
    サービスの混乱を避けるため、サンフランシスコ市交通局は無料開放をハッカーに強いられた。 Jamie Condliffe4年前
  10. コネクティビティ
    ランサムウェア撲滅
    マカフィー副社長が明言
    ユーザーのファイルを人質に身代金を要求するマルウェアは、年内には激減するかもしれない Glenn Fleishman4年前