KADOKAWA Technology Review
×
郵便番号と性別・生年月日だけで個人の特定は可能、新研究で判明
Getty
コネクティビティ Insider Online限定
You’re very easy to track down, even when your data has been anonymized

郵便番号と性別・生年月日だけで個人の特定は可能、新研究で判明

多くの調査は、回答データを匿名化することで、回答者のプライバシーが保護されているとうたっている。しかし、新たな研究では詳細情報を除去した場合であって、ほとんどの匿名データベースにおいて個人を容易に特定ができることが明らかになった。 by Charlotte Jee2019.08.07

私たちが残すデータの痕跡は、日々絶え間なく蓄積されている。そのほとんどは、テイクアウトで注文した食事やオンラインで購入したシャワーヘッドといった大して面白くもない情報だが、医療診断の結果や性的指向、納税記録など、極めて個人的な情報も中には含まれている。

公共機関が個人情報を保護する方法として最も一般的なのは、データを匿名化することだ。匿名化する際には、氏名、電話番号、メールアドレスといった明らかな個人特定情報を抜き去り、データセットを改変して精度を下げ、スプレッドシートからいくつかの列を削除して、 データに「ノイズ」を導入する。「つまり、データベースの中であなたが特定されるリスクはまったくないわけです」と プライバシーポリシーは私たちに請け合う。

しかし、学術誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された新たな研究によると、この主張は事実から程遠いらしい。

インペリアル・カレッジ・ロンドンとルーヴァン・カトリック大学の研究者らは、匿名データセットの中から個人を再特定する容易さを正確に推測する機械学習モデルを作り出した。ここに郵便番号、性別、生年月日を入力すれば、自分自身のスコアを確かめられる(米 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る