KADOKAWA Technology Review
×
Apple Wants to Use Drones to Give Its Maps App a Lift

人気が低いアップルの地図アプリは、ドローンで改善できるか?

アップルは自社の地図アプリを改善し、自律自動車用の詳細な環境情報の作成のために、ドローンが活用できると考えている。 by Jamie Condliffe2016.12.02

アップルは地図作成にドローンを活用しているそうだ。

ブルームバーグによると、アップルは2015年ころ、米国連邦航空局(FAA) からドローンの特別な飛行許可を得たという。情報筋はブルームバーグに対して、アップルがドローンを活用して「道路標識を分析し、道路の変化を記録し、地区が工事中かどうかを監視する」計画を立てていると話した。この情報筋の考えでは、ドローンが集めたデータはアップルの地図アプリの記録を更新するのに使われるという。

2012年に公開されたアップルの「マップ」アプリは各方面から馬鹿にされた。このアプリには事実と異なる情報や、画像の誤りが多くあり、信頼できない以上に危険でもあった。アップルは数年間マップアプリを改善し続けているが、グーグル・マップのユーザーを取り込める段階には達していない。

Apple will use standard consumer drones like the Aibot X6 drone, pictured here, to do its mapping.
アップルは「Aibot X6ドローン」(写真中の赤い物体) など、標準的な消費者向けドローンを利用して地図を作成しようとしている

ドローンから提供される、生々しいデータは地図を改善できるはずだ。ブルームバーグの別の情報筋が示すように、アップルが建物内部の地図を充実させたり、自社の経路誘導(turn-by-turn navigation)機能を改善させたりするかもしれない。

理論上、ドローンを使えば飛行エリア周辺の建物の高解像度3Dスキャンも作成できる。3Dスキャンは自律型移動手段を開発しているエンジニアには魅力的だ。自動運転車や開発が進む自律型ドローンは、あらかじめ用意された地図を頼りに自機の位置を判断する。アップルが自律自動車の開発に関心を示していることは公知の事実で、最新の取材によれば、アップルは特にソフトウェア開発に興味があるという。ソフトウェア開発には、このマップ機能も含まれるだろう。

しかし、アップルが本当にマップの改善や自律自動車用データの取得用にドローンを活用するなら、計画の進捗は期待できない。ブルームバーグも伝えているように、アップルは現在、FAAが8月に明らかにした新しい商用ドローンの規則に従っている。この規則では、ドローンは操縦者の視界内でしか飛ばせないので、データ収集に時間がかかり、3D地図の製作は長期間の取り組みになるだろう。都市全体を細部まで網羅するには何年もかかるはずだ。

(関連記事:Bloomberg, “Apple’s Car Plans Are on the Ropes,” “High-Resolution 3-D Scans Built from Drone Photos,” “Now You Can Finally Use Your Drone to Make Money”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Aibotix GmbH
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る