ロボット工学

Apple Wants to Use Drones to Give Its Maps App a Lift 人気が低いアップルの地図アプリは、ドローンで改善できるか?

アップルは自社の地図アプリを改善し、自律自動車用の詳細な環境情報の作成のために、ドローンが活用できると考えている。 by Jamie Condliffe2016.12.02

アップルは地図作成にドローンを活用しているそうだ。

ブルームバーグによると、アップルは2015年ころ、米国連邦航空局(FAA) からドローンの特別な飛行許可を得たという。情報筋はブルームバーグに対して、アップルがドローンを活用して「道路標識を分析し、道路の変化を記録し、地区が工事中かどうかを監視する」計画を立てていると話した。この情報筋の考えでは、ドローンが集めたデータはアップルの地図アプリの記録を更新するのに使われるという。

2012年に公開されたアップルの「マップ」アプリは各方面から馬鹿にされた。このアプリには事実と異なる情報や、画像の誤りが多くあり、信頼できない以上に危険でもあった。アップルは数年間マップアプリを改善し続けているが、グーグル・マップのユーザーを取り込める段階には達していない。

ドローンから提供される、生々しいデータは地図を改善できるはずだ。ブルームバーグの別の情報筋が示すように、アップルが建物内部の地図を充実させたり、自社の経路誘導(tur …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。