KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Rick Perry, a Very Different Kind of Energy Secretary

エネルギー省長官にペリー元知事内定は、どれくらいぶっ飛んだ話なのか?

エネルギー省長官に内定したリック・ペリーは、気候変動懐疑派で、以前はエネルギー省を廃止するべきと主張していた。一方で、テキサス州知事時代には再生可能エネルギーを活性化させた人物でもある。 by Jamie Condliffe2016.12.14

ドナルド・トランプはリック・ペリーをエネルギー省長官に任命するつもりだ。著名な研究者ばかりが指名されてきた役職に、前テキサス州知事が任命される決め手はなんだろうか?

ペリー元テキサス州知事の米国エネルギー省長官就任は、皮肉な話だろう。というのも、2011年大統領選の討論会で、廃止すべき連邦政府機関を3つ掲げた件で質問され、ペリー候補(当時)自身が廃止を主張したエネルギー省を思い出せなかった逸話は有名だ。

https://www.youtube.com/watch?v=0uvmKnFY4uk

エネルギー省の権限は幅広く、米国の核兵器貯蔵庫の管理や放射性廃棄物処理への対応、エネルギー研究に関する幅広いプログラムの運営などの役割を担っている。したがって、エネルギー省長官のポストが近年、高い知性を持つ実務家タイプに任されていたのは当然だ。オバマ政権の2009年から2013年に長官を務めたのはスタンフォード大学の物理学者でノーベル物理学賞受賞者のスティーブン・チュー。現職は、マサチューセッツ工科大学(MIT)の原子物理学者だったアーネスト・モニツが長官を務める。チューとモニツ以前のジョージ・W・ブッシュ政権時代でも、MITで化学工学の博士号を得たサミュエル・ボドマンが長官を務めた。

一方で、ペリーはテキサスA&M大学で獣医学の学士号を取得して卒業した人物だ。

ブルームバーグの報道によれば、MITで船舶工学を専攻し、ジェイ・マーティン・コーエン元海軍准将が、エネル …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント