KADOKAWA Technology Review
×
世界の新型コロナ対策、
6カ国の担当者に聞く
Ms Tech
The coronavirus responders

世界の新型コロナ対策、
6カ国の担当者に聞く

世界各国の新型コロナウイルス対策を紹介する特別シリーズ。現時点で成功した国はどう取り組んだのか。6カ国の担当者に聞いた。 by Krithika Varagur2020.08.28

新型コロナウイルスのパンデミックに賢明に対応した国には、資金力や規模、人口、政治体制などの点でさまざまな違いがある。だが共通しているのは、迅速かつ協調的な政府の対応である。それが欠けている国では、どれほど科学的専門知識や技術的なノウハウ、資金があっても災難を防ぐことはできない。米国がそのことを端的に示している。

ジャーナリストのクリチカ・バラガーは、世界6カ国の公衆衛生当局にインタビューした。以下の記事は、各国の事例のポイントを簡略にまとめたものだ。

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
  5. How to make restaurants safer 間違いだらけの新型コロナ対策、飲食店の感染リスクを最小化する方法
krithika.varagur [Krithika Varagur]米国版
現在編集中です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets 「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
  3. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy 謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
  4. One in five covid-19 patients are diagnosed with a mental illness within 90 days 新型コロナ患者の5人に1人、回復後に精神疾患と診断
  5. How to make restaurants safer 間違いだらけの新型コロナ対策、飲食店の感染リスクを最小化する方法
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る