KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Climate Data Preservation Efforts Mount as Trump Takes Office

米国政府の気候データ100TB以上を新政権から保護する動き

トランプ政権の見解と相容れないデータが削除される不安から、各大学は環境関連のデータを保護するハッカソンを開催している。 by James Temple2017.01.23

新大統領の就任を記念して、カリフォルニア大学ロサンゼルス校コンピューター科学部の学生の多くが、米国の気候情報データベースをダウンロードした。トランプ政権下で、データベースが消滅することを恐れたのだ。

新政権は気候問題に否定的な人物を政府機関各所に配置しており、こうした人物はおそらく政権の方針に反する科学データの利用を停止させたい意向のはずだ。こうした不安の中、草の根的なデータ保存の動きがここ数週間で続いており、20日のハッカソンもこの一部だ。データ消去の不安が現実味を帯びてきたのは16日からで、この日、米国環境保護庁(EPA)の政権移行チームが同庁のWebサイトから気候関連のデータを削除しようとしているとInside EPAが報じてからだ。Inside EPAは、EPAの政権移行チームに近い人物が情報源だという。

先月トロント大学で開催されたゲリラ・アーカイブや、インターネット・アーカイブが1月初めにサンフランシスコで開催した政府データハッカソン、先週ペンシルベニア大学で開催されたデータレスキュー・フェリーなど、政府データに関するハッカソンは以前から開催されていた。

集められたデータのほとんどは任期終了Webアーカイブ(大統領任期の終わりに政府のWebサイトのデータを協力して保存する運動)のサーバーに保存されている。ペン …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント