1. 知性を宿す機械
    AIは規制するべき——米調査で明るみになった市民の意外な評価
    テック業界ではAIがあらゆる産業や人々の生活に利益をもたらすと信じられている。だが、米国の一般市民の評価は違うようだ。 Karen Hao9カ月前
  2. 知性を宿す機械
    AIでも「米国第一」、トランプ政権が発表したしょぼすぎる政策
    トランプ政権は5月10日、「AIに関する特別委員会」の発足を発表した。同政権はAI分野にも「アメリカ・ファースト」を貫き、AI研究を推進すると同時に社会への影響に備えるとしているが、他の施策との矛盾は明らかで、取り組み自体も他国に比べると小規模に思える。 Will Knight17カ月前
  3. 知性を宿す機械
    中国政府がAIに力を入れているのは、自国の企業に競争力を与えることだけが目的ではないようだ。中国は、米国がインターネットの標準化で世界をリードしてきたように、AIの標準化を進めて世界をリードしようとしている。 Will Knight2年前
  4. 知性を宿す機械
    「人間はアルゴリズムを信頼しすぎ」グーグルの研究者らが警鐘
    人工知能がさまざまな判断に関与するになり、アルゴリズムが持つ「偏見」の問題が無視できなくなっている。にも関わらず、企業も政府もいまだ問題の解決に関心を持っていない。 Will Knight2年前
  5. ビジネス・インパクト
    IT企業トップをトランプ大統領が招集、グダグダ会議の中身
    アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのトップらがホワイトハウスに招集された。トランプ大統領は新たなインフラ構築やサービス開発への協力を要請したが、具体的な計画は見えてこない。 Jamie Condliffe2年前
  6. 持続可能エネルギー
    イデオロギーに凝り固まったトランプ政権が、アメリカ経済の成長分野を破壊し、税源と職を奪おうとしています。 James Temple3年前
  7. 持続可能エネルギー
    米国政府の気候データ100TB以上を新政権から保護する動き
    トランプ政権の見解と相容れないデータが削除される不安から、各大学は環境関連のデータを保護するハッカソンを開催している。 James Temple3年前