1. 2011年に「アラブの春」が中東を騒乱に巻き込んだとき、ソーシャルメディアは市民に力を与えたり独裁政権を転覆させたりする民主主義拡散の有力な道具であった。しかしいまや、少数の巨大テック企業が主導するデジタルテクノロジーは、政治的な弾圧と対立を生み出す道具になり果ててしまっている。 Zeynep Tufekci5年前

  2. 米国における気候変動の問題は、すでに科学から乖離して政治的対立となっている。懐疑論を打ち破り、有効な政策に結び付けるには、「説得の技術」が鍵になるかもしれない。 James Temple6年前

  3. 米国のテック業界が猛反発してきた「ネットワーク中立性」規則の廃止が12月14日、米国連邦通信委員会(FCC)で可決された。なぜテック業界が反対し、何が問題だったのか? MITテクノロジーレビューの記者が解説する。 Martin Giles7年前

  4. トランプ政権が大学院生に大増税、AI大国の地位に影響か
    優秀な研究者が米国に集まる理由の1つに、多くの大学院で学費が免除されていることが挙げられる。だが、大学院生を狙い撃ちにするトランプ政権の大増税が、AI大国である米国の地位を脅かすかもしれない。 Will Knight7年前

  5. 航空管制システムはなぜ時代遅れのままなのか?
    米国では「時代遅れ」の航空管制システムをGPS中心の新システムに移行させる動きがある。だが、本格稼働まであと10年はかかりそうだ。 Mike Orcutt7年前

  6. MIT編集長が考える、アメリカを再び偉大な国にする方法
    トランプ大統領が議会に要求した予算構想どおりに米国政府の研究助成金が削減されれば、アメリカでイノベーションの動きが止まる可能性がある。研究開発費は増やすべきで、減らしてはいけないのだ。 Jason Pontin7年前

  7. トランプ政権で消滅危機のエネルギー研究が最後の?イベント開催
    エネルギー分野のイノベーションを支えてきた米国政府の研究投資プロジェクトARPA-Eが、トランプ政権で存続の危機にある(インターネットの発明につながったARPAは米国防総省の研究プロジェクトで、ARPA-Eはエネルギー省管轄)。 James Temple7年前

  8. イデオロギーに凝り固まったトランプ政権が、アメリカ経済の成長分野を破壊し、税源と職を奪おうとしています。 James Temple7年前

  9. 米国政府の気候データ100TB以上を新政権から保護する動き
    トランプ政権の見解と相容れないデータが削除される不安から、各大学は環境関連のデータを保護するハッカソンを開催している。 James Temple7年前