KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
米国北西部で記録的な熱波、電力不足が深刻に
AP Photo/Nathan Howard
The Northwest’s blistering heatwave underscores the fragility of our grids

米国北西部で記録的な熱波、電力不足が深刻に

米国北西部を襲った猛烈な熱波によって電力需要が急激に高まり、電力不足が懸念されている。気候変動が加速し、熱波、大雪、山火事などが起こる中で、電力供給を維持し人々の命を守るには電力システムの見直しが必要だ。 by James Temple2021.06.30

気候変動による致命的な課題に対処する準備がいかにできていないか? 米国北西部を襲った記録的な熱波は我々に新たな懸念を突きつけた。

多くの地域で気温が華氏3桁(日本版注:華氏100度は摂氏37.8度に相当する)に達し、住民が扇風機やエアコンを使用したことで電力需要が急激に高まった結果、電力網への負荷が生じた。空調設備の多くは、それまで設備が必要なかった地域で新たに購入されたものだ。ここ数日間でポートランドシアトル周辺をはじめとする地域で少なくとも数千世帯が停電し、熱中症を起こしやすい気温が続く中で危機的な状態に陥った。

今週はさらに気温が上昇し、他の地域にも熱波が広がっていることから、気象観測者らは停電のさらなる拡大を懸念している。

気候変動の影響によって、世界各地で極端かつ頻繁な熱波が長期間にわたって発生している。今回の場合、カナダ国境沿いに停滞した気圧の尾根によって「ヒートドーム」が発生し、南はカリフォルニア州北部、東はアイダホ州にまで及ぶ地域に熱気が閉じ込められた。

カリフォルニア州の送電事業者は6月27日、電力使用の自主的削減努力を呼びかける可能性が高いと発表した。州の内陸部で気温が摂氏40度程度に達する恐れがあり、電力供給の不足が予想されているためだ。

コンサルティング企業「エナジー・アンド・エンバイオメンタル・エコノミクス(Energy and Environmental Economics Inc)」のシニアパートナーであるアルネ・オルソンによると、主な懸念事項は住民が空調を強めることによる電力需要の急増だが、暑さそのものも他の面から送電網を弱体化させる可能性があるという。とりわけに、発電所の効率が下がったり、変圧器がオーバーヒートを起こしたり、送電線が緩んで垂れ下がり樹木と接触することで停電が起こったりする可能性が懸念されている。

カリフォルニア州は、極度の干ばつのために水力発電による発電量が通常より少ないという課題にも直面している。さらに、熱波の影響が国内のかなり広い範囲に及んでいるために、相互接続された西部の送電網の運営事業者は他の地域からの余剰供給にもあまり期待できないかもしれない、とオルソンは付け加える。

ローレンス・リバモア国立研究所の元副所長、ジェーン・ロング博士は、「私たちは今、基本的に過去の気候に合わせて構築された電力システムが、様々な面で現在の気候に対応できなくなっていく過程を目の当たりにしているのです」と言う。

今夏の熱波や昨冬の暴風雪のように、ますます頻繁になり、深刻化する異常気象に備えて電力システムを強化するには、米国の送電網を大幅に改善しなければならないだろう。送電網の改善には、現代的な送配電システムへの移行、耐候性のある風力や天然ガスといった電力源の導入、電力貯蔵量の大幅な増強が含まれる。

天候や時間帯に関わらず安定した電力供給ができるように発電所の多様化を進めていく必要もあるとロング博士は言う。電力の安定供給は、発電量が絶えず変動する風力や太陽光による電力の割合が大きくなるほど、難しくなっていくだろう。ロング博士らによる研究では、地熱、原子力、水素、天然ガスなどの、需要量に応じた出力が可能で、温室効果ガスの排出を相殺するシステムを備えたカーボンフリーの電力源を各州でさらに取り入れる必要があるとの 結果が出ている。

また、より効率性が高く環境に配慮した空調システムも必要になるだろう。

熱波が襲う中での停電はただ不便というだけではなく、熱性疲労から熱中症を引き起こし、瞬く間に命に関わる状況になることもあると、地域活動家のステーシー・チャンピオンは言う。チャンピオンは、アリゾナ州の熱中症による屋内死亡事例を追跡調査し、地元の電力事業者 に高気温時の計画停電を取りやめるよう働きかけてきた。「熱中症は『サイレント・キラー』と呼ばれています」(チャンピオン)。

実際、米国では、熱波による死者数がハリケーン、竜巻、地震による合計死者数を上回っている。子どもや高齢者、妊婦は特に被害を受けやすい。

研究によると、気温の急激な上昇による死亡者数や疾病者数は、気候変動が加速するにつれて増加の一途をたどるという。

人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. Quasi-Zenith Satellite lead Japan’s way to hyper-accurate positioning 準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
ジェームス・テンプル [James Temple]米国版 エネルギー担当上級編集者
MITテクノロジーレビュー[米国版]のエネルギー担当上級編集者です。特に再生可能エネルギーと気候変動に対処するテクノロジーの取材に取り組んでいます。前職ではバージ(The Verge)の上級ディレクターを務めており、それ以前はリコード(Recode)の編集長代理、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニストでした。エネルギーや気候変動の記事を書いていないときは、よく犬の散歩かカリフォルニアの景色をビデオ撮影しています。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. Quasi-Zenith Satellite lead Japan’s way to hyper-accurate positioning 準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る