KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Mark Zuckerberg Has Laid Out His Vision of a World United By Facebook

Facebookは人類全体の社会インフラを目指すと宣言

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、Facebookは人類全体の社会インフラを目指すと宣言した。米国政治にまで影響を及ぼすようになり、さらに大きな影響力を得たソーシャル・メディアが、社会を改善する目標をあらためて掲げたのは立派だが、実行できるかどうかはわからない。 by Jamie Condliffe2017.02.20

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、ソーシャル・メディアの人工的な居心地のよさを壊したいのだ。

これが、ザッカーバーグCEOが16日に発表した6000語の文書(A4換算で12~24ページ)を貫く全体的メッセージだ。この文書でザッカーバーグCEOは、自身のソーシャル・ネットワーク「Facebook」の未来に関する自身の構想を述べている。突き詰めていえば「Facebookは、すでに友だちや家族を結びつけている。そして今、ひとつの大きな、グローバルで幸せな家族を作り上げる目的で、オンライン、オフラインを問わず、コミュニティー間の結び付きを妨げる障壁を壊すことにした」ということだ。

ザッカーバーグCEOは、フェイスブックが各ユーザーに対し、パーソナライズされた反響室(=「エコーチャンバー」は、Facebookがたくさんの広告を見せるために、ユーザーが自分のニュースフィードを気になって仕方がないように調整した結果、本人の考えが不気味に増幅された空間になったことの例え)から抜け出せるようにして、ユーザー同士が意見を共有し、互いに助け合う市民的誇りで満たされる未来を描いている。「歴史とは、部族から都市へ、国家へと、以前より多くの人がどうすれば集まるかを学んできたこの物語です。各段階で、人類はコミュニティーやメディア、政府などの社会インフラを構築し、自分ひとりでは不可能なことを達成する …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント