KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Your Next Phone Could Be Simple, Not Smart

MWC 2017:スマートフォンの終わり、シンプルフォンの始まり?

スペインで開催中のスマホ業界の展示会MWC 2017の目玉はAIアシスタントで「スマートフォン時代の終わり」が見えてきた。しかし「シンプルフォンの始まり」かはまだわからない。 by Jamie Condliffe2017.02.28

携帯電話は、最先端を追求し続けるか、それともシンプルさを保つのかの岐路にある。

年に一度バルセロナで開かれるスマホの大規模展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」では、「自分でも気が付かなかったけれど、こんなのが欲しかった」と思わせる新機能で顧客を引きつけようと、多くのメーカーが自社の最も派手で目新しいハードウェアを大々的に披露している。しかし、シンプルなモデルを採用したり、懐かしのモデルを復刻したりするトレンドにも注目が集まっている。

今年MWCでお披露目されるテクノロジーの一番の目玉はおそらく、AIアシスタントだろう。アップルとマイクロソフトは数年前から自社のAIアシスタント、Siriとコルタナ(Cortana)を提供している。しかし、グーグルのAIアシスタントは現在自社製スマホのピクセルだけに搭載されている。また、 アマゾンのアレクサは、家電産業で大々的な成功を収めた。だが今回のMWCで、グーグルは新発売の機器の多くにAIアシスタントを搭載すると発表、アレクサはモトローラの新型携帯電話に搭載される予定だ。また、テレフォニカ(Telefonica)も AIアシスタントの自社開発を計画している。

一方で、データ接続を高速な通信規格である4Gからさらに猛烈な速さの5Gに高速化するため、携帯電話業界は本腰を入れており、中国のスマホメーカーZTEはギガビット通信の性能を実演する試作機を披露する予定だ。理論上、4Kの映像をスマホで見られるが、 フィナンシャル・タイムズ紙の記事 (ペイウォール)にあるとおり、ギガビット通信の実用化にはまだ時間がかかりそうだ。

初出展のイノベーションは他にもたくさんある。オッポ(Oppo)は、一般的の携帯電話本体にズームレンズを組み込める光 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント