KADOKAWA Technology Review
×
U.S. Charges Russian Officials over Hacks for the First Time

米司法省、ヤフーへのハッキングでロシア政府職員を起訴

米露間のサイバー戦争で、米国が司法制度で反撃した。ただし、米露間には犯罪人引渡し条約が結ばれていないため、起訴は政治的パフォーマンスの側面がある。ロシアによる大統領選挙への関与まで捜査が進むのか、これで終了なのかはまだわからない。 by Jamie Condliffe2017.03.16

米検察局は、5億人のヤフーのユーザーに影響を与えたハッキングについて、ロシア政府関係者を刑事訴追した。

首都ワシントンの記者会見で司法省は、ロシア人スパイ2人とハッカー2人を起訴したと発表した。スパイとされるドミトリー・ドクチェフとゴール・スシュキンはロシア連邦保安庁(FSB)の職員だ。

ロシア人4人には合計47の罪状(共謀、コンピューター詐欺、アクセス・デバイス詐欺)で嫌疑がある。4人とも2014年にヤフーが被害を受けたハッキングに関与しており、この事件では5億人のユーザーの個人情報(氏名やメールアドレス、暗号化されたパスワード等)が盗まれた。2016年、ヤフーが攻撃に気付いて発表した際、ハッキングは「国家の支援を受けた」ハッカーの仕業だと主張した。当時、セキュリティ研究者はヤフーの主張について議論を交わしたが、主張は間違っていなかったようだ。

米国のテック企業を狙ったハッキングをロシアが支援しているのは、もちろん特別驚くほどのことではない。司法省は以前にも、サイバー犯罪に関連してロシア人ハッカーを起訴したことがある。さらに、大統領選の準備期間から昨年の選挙期間にいたるまでに起きた数々の事件は、ロシア政府による攻撃だと考えられている。しかし、サイバー攻撃に関してロシア政府職員が刑事告発されるのは、今回が初めてだ。

ただし、米国が外国の政府職員をハッキングの罪で訴追したのは今回が初めてではない。2014年に司法省が5人の中国軍将校を起訴した事例は有名だ。5人は中国人民解放軍61398部隊に所属しており、検事によるとUSスチールやウェスティングハウスなどの大手企業から大量のデータを盗み出した。

アメリカが平然とロシアに非難の矛先を向けているのは明らかだ。マリー・マッコード司法次官補代理(国家安全保障担当)は記者会見で「司法省は引き続き断言します。司法省は、個人、組織、国家やこれらに準ずる存在が、市民のプライバシーや企業の経済的利益、あるいは米国の安全保障に立ち入ることは許しません」と述べた

米露関係が通常とは異なる状況でのニュースには何らかの背景があるかもしれない。アメリカ政府は現在、大統領選前に起こったハッキング(民主党全国委員会や有権者登録システムが狙われた事件)にロシアが関与しているか捜査中だ。また、ドナルド・トランプ大統領の側近とロシア政府職員が協力関係を結ぼうとした事実があったのかに関しても捜査中だ。

ヤフーをハッキングした罪に問われている2人のスパイはロシアにいるとされるが、ロシアと米国間には、犯罪人引渡し条約は結ばれていない。

(関連記事:Reuters,  “ハッキングされ続けるヤフーの歴史,” “オバマ大統領、任期いっぱいでのロシアによる選挙干渉への調査を指示,” “Cyber-Espionage Nightmare”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Brendan Smialowski | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る